【映画ライターの週末映画案内】岡田将生×清原果耶W主演の不思議なラブストーリー『1秒先の彼』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

映画1秒先の彼の場面写真

台湾映画『1秒先の彼女』をリメイクした『1秒先の彼』が7月7日から公開中。脚本家の宮藤官九郎さんが映画監督の山下敦弘さんと初タッグを組み、何をするにも1秒早い男を岡田将生さんが、何をするにも1秒遅い女を清原果耶さんが演じています。絶対にタイミングが合わない二人の「消えた1日」をめぐる、不思議なタイムラグラブストーリーです。

『1秒先の彼』あらすじ紹介

映画1秒先の彼メインカット

郵便局の窓口で働くハジメ(岡田将生)は、何をするにもとにかく1秒早い。記念写真では必ず目をつむり、漫才を見て笑うタイミングも人より早い。街中で路上ミュージシャン・桜子(福室莉音)の歌声に惹かれて恋に落ちたハジメは花火大会デートの約束をするも、目覚めるとなぜか翌日に。その秘密を握るのは、毎日郵便局にやってくる、何でも1秒遅い大学7回生のレイカ(清原果耶)らしいが……。

【見どころ①】舞台を京都にして男女を入れ替え!台湾映画を大胆リメイク

1秒先の彼場面写真

台湾版『1秒先の彼女』は、2020年の台湾アカデミー賞最多5部門を受賞したヒット作。台湾市内を中心に海沿いの町まで登場するこの作品を日本版にリメイクするにあたり、宮藤脚本では舞台を京都に設定しました。山下監督いわく「せっかちなのにのんびり」なイメージの京都市を中心にロケを敢行し、鴨川や平安神宮といった市内の名所からお隣の宇治市、さらに日本海沿いの天橋立まで登場します。

映画1秒先の彼場面写真

もう一つ大きな変更が、タイトルが「彼女」から「彼」に変わっているように、男女を入れ替えた配役にしたこと。台湾版では1秒早いのはヒロインの方でしたが、宮藤さんが「不思議な〝ヒロイン感〟がある」と語る岡田将生さん(何となく納得!)をそこに持ってきたことで、顔は100点なのにせっかち過ぎる、どこか残念な郵便局員にぴったりハマりました。

そして、台湾版では人よりワンテンポ遅いカメラ好きの青年だったのを、写真が趣味の大学生にして清原果耶さんが演じているのもしっくりきています。

【見どころ②】せっかちで早口な岡田将生&おっとり無口な清原果耶

映画1秒先の彼場面写真

岡田さんが演じるハジメは郵便局の窓口で働いていますが、元々は配達員です。ただバイクのスピードが速すぎて、ついたあだ名が「ワイルド・スピード」。度重なるスピード違反のため、やむなく窓口業務に就いています。仕事もしゃべるテンポもとても早いのですが、関西人の筆者から見ても完璧な京都弁を早口でまくし立てていました。

映画1秒先の彼場面写真

一方、おっとりし過ぎて大学も7回生(関西では大学何年生ではなく何回生と言います)になっているレイカを演じたのは清原果耶さん。テンポが遅すぎてしゃべるタイミングを逃してしまうため、前半は特にセリフが少ない!だまっているとご本人の凛としたイメージが出てしまうため、それを隠すため口を半開きにしたり、急ぐと変な声が出てしまう、というような役づくりをされたそうです。

ただ、レイカは芯はしっかり真っすぐなものを持っている女性なので、そのあたりは清原さんの持つ真っすぐさとリンクしていたように感じました。

【見どころ③】前半に散りばめられた謎を後半で回収!

映画1秒先の彼場面写真

この作品の物語は二部構成。前半はハジメ目線で、後半はレイカ目線で描かれています。ハジメ目線だと「あれ?」と感じた違和感や謎が、後半に伏線回収されていく流れで超スッキリ!小ネタを散りばめつつ思いがけないラストに向かう、クドカン脚本らしい展開にワクワクします。

映画1秒先の彼場面写真 笑福亭笑瓶

最後に触れたいのがこの作品、今年2月に逝去された笑福亭笑瓶さんの遺作となったこと。ハジメが聴くのを楽しみにしているラジオ番組のDJ笑福亭笑瓶さん(本人)役と、レイカがアルバイトをしている写真館の店主役、二役で登場しています。軽妙な語り口で物語のキーマンを演じているので、最後の演技、ぜひ劇場で見届けてください。

文/富田夏子

作品情報

映画1秒先の彼ポスター

『1秒先の彼』
TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中

  • 出演:岡田将生 清原果耶 荒川良々 福室莉音 片山友希 加藤雅也 羽野晶紀 しみけん 笑福亭笑瓶 松本妃代 伊勢志摩 柊木陽太 加藤柚凪 朝井大智 山内圭哉
  • 監督:山下敦弘
  • 脚本:宮藤官九郎
  • 原作:『1秒先の彼女』(チェン・ユーシュン)
  • 製作:『1秒先の彼』製作委員会
  • 配給:ビターズ・エンド

©2023『1秒先の彼』製作委員会

https://bitters.co.jp/ichi-kare/

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980