• TOP
  • フード・レシピ
  • レシピ
  • Mart WEEKENDERも美味しさに感動!「ノルウェーサーモン」を主役にすれば週末ごはんがイベントになる

Mart WEEKENDERも美味しさに感動!「ノルウェーサーモン」を主役にすれば週末ごはんがイベントになる

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
脂ののりは最高でうま味たっぷりノルウェーサーモン
食卓に欠かせない存在のサーモン。お寿司やカルパッチョなどは「生」でいただくことが多いですが、ちょっと火を通してお肉のようにいただくとグッと美味しくなることをご存じですか? 脂ののりは最高でうま味たっぷり、そのうえヘルシーなノルウェーサーモンを牛肉・豚肉・鶏肉に並ぶ“第4のお肉”として幅広い料理で楽しんでもらうためにノルウェー大使館が推している新スタイル、『サモ肉』がいま話題です。今回、料理教室の講師経験もあるMart WEEKENDERのmizuhoさんが、この『サモ肉』料理に挑戦。簡単で映える、家族みんなが喜ぶレシピを提案してくれました。

ノルウェーサーモンが美味しい理由

ノルウェーサーモン
北欧の国ノルウェーの冷たく澄んだ海で養殖されたサーモンは、最新テクノロジーを駆使して育てられ、加工時もEUの厳しい安全基準を通過。水揚げされてから日本まで一度も冷凍せずにわずか36時間で届きます。この安全でスピーディな管理により、新鮮で脂の乗りが良く美味しいサーモンが食卓に並ぶのです
ノルウェーサーモン

ノルウェーサーモンは、図のように、縦に約120gのサイズに切る「ポーション」カットは①②③の全ての部位を楽しむことができ、ステーキや照り焼きなどに最適なおすすめの切り方。①②を主に使用しているサーモンの柵はたたきやしゃぶしゃぶなどにぴったり。海の和牛ともいわれる霜降りのような良質な身が特徴で、火の入れ方により好みの焼き加減やさまざまなうま味とコクが楽しめます。

ノルウェーサーモン『サモ肉』の美味しい食べ方

ノルウェーサーモンソテー
ハニーマスタードソースがけ

ノルウェーサーモンソテー ハニーマスタードソースがけ
ソテーしたサーモンはお肉のような脂のりで、ナイフを入れた瞬間にふわっと割れてとても柔らかい! 味付けは塩・こしょうのみでも充分美味しいのですが、ソースで味変するのがおすすめです(Mart WEEKENDER mizuhoさん)
ノルウェーサーモン
レアな焼き加減で、ツヤツヤで鮮やかな断面がなんとも食欲をそそります! 食感は口の中でとろけるようなイメージで、とっても深い味わいです(Mart WEEKENDER mizuhoさん)

材料(2人分)

[ハニーマスタードソース]

つくり方

  1. サーモンに塩、こしょうをふり、薄力粉をまぶす。

  2. 溶き卵、パン粉の順で衣をつける。

  3. フライパンにオリーブオイルを引いて熱し中火ですべての面を5〜10秒ずつ焼いていく。

  4. お皿にのせてAを混ぜ合わせてつくったハニーマスタードソースをかける。

ノルウェーサーモンの
レアカツバジルのチーズクリーム添え

ノルウェーサーモンのレアカツバジルのチーズクリーム添え
レアめの状態ですが、しっかりとした弾力とコクがありますね。揚げものなのに想像以上にさっぱりなので、ひと柵をあっという間に食べられました(笑)。バジルのチーズクリームが相性抜群ですが、ほかにタルタルソースやポン酢とも合うと思いますよ(Mart WEEKENDER mizuhoさん)

材料(2人分)

[バジルのチーズクリーム]

つくり方

  1. サーモンに塩、こしょうをふり、薄力粉をまぶす。

  2. 溶き卵、パン粉の順で1に衣をつける。

  3. フライパンに180〜190℃に油を熱し、きつね色になるまで片面30秒ずつ揚げる。

  4. Aを混ぜて作ったチーズクリームを添える。

『サモ肉』があれば家族みんなの週末ごはんが盛り上がる!

わが家の週末ごはんもノルウェーサーモンで
『サモ肉』は、思っていた以上に脂がのっているのにさっぱりしていることにまず驚きましたね。それに、部位による味わいの違いも楽しめること、幅広い調理法があることを今回知ることができました。普段、サーモンといえばお刺身、サンドイッチ、サラダなど薄切りにした生ものを食べることが多いのですが、肉厚で食べ応えのある料理もいいですね。火を少し通したレアにするとうま味や甘味が増して、新しいノルウェーサーモンの味を堪能できました。子どももパパも美味しかった!と絶賛で、『サモ肉』があれば、わが家の週末ごはんもちょっとしたイベントになりますね(Mart WEEKENDER mizuhoさん)
mizuho Mart WEEKENDER
@miiiiiii_y

料理教室の講師経験をもち、レシピや盛り付けのコツ、器選びなどを発信。現在はアウトドアブランドのカフェで働き、料理スキルを磨いています。休日は家族で訪れた地方の食材を取り寄せてBBQをするなど「食」を中心に家族のコミュニケーションを楽しんでいます。インテリアや雑貨選びも必見です。キャンプやローカルスーパー巡りを楽しむことも。家族構成は、夫、小学生の女の子と男の子の4人家族。

ノルウェー発、新しいスタイルのお肉屋さん
「さも、肉屋」期間限定オープン

「さも、肉屋」

いい肉の日(11月29日)に合わせて、さも、お肉屋さんに訪れたかのような新しい空間でノルウェーサーモンの幅広い使い方が学べるお店「さも、肉屋」が東京・渋谷に登場。期間中にお店にお立ち寄りいただいた1,129名の方に、口の中でとろけるレア食感に仕上げた“第4のお肉”ノルウェーサーモンの「サモ肉」料理3種、①サモテキ(サーモンステーキ)、②サモカツ(サーモンかつ)、③サモタル(サーモン南蛮)を無料で配布!また、ご来場いただいた方にもれなく特典「サモ肉」料理レシピカードをお渡しします。その他、「VR ノルウェーサーモンファーム体験」などお楽しみも満載、ぜひお試しください。

【期間】2023年11月28日(火)~12月2日(土)の5日間限定
【営業時間】11:00 AM~18:00 PM
【場所】渋谷センタービル・1F(東京都渋谷区宇田川町16-8)
【配布時間】毎日11:00~11:30 / 12:30~13:00 / 14:00~14:30 / 16:00~16:30 / 17:30~18:00
商品についてのお問い合わせ/Seafood from Norway
https://seafoodfromnorway.jp/
撮影/mizuho 取材・文/沖野紫穂

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980