• TOP
  • 雑貨
  • 家電
  • ごはんを炊くよりも早くパンが焼ける!? シロカのホームベーカリーの新作をお試し!

ごはんを炊くよりも早くパンが焼ける!? シロカのホームベーカリーの新作をお試し!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

シロカの「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」で焼いた超早焼きパン

ホームベーカリーといえば、Mart読者にはおなじみの家電のひとつ。暮らしに欠かせないアイテムになっている人も多いはず。 ここでは、ホームベーカリーを使い慣れている人にも、これから買おうかと迷っている人にも、ぜひ注目してほしい便利な機能のついた新製品をご紹介。シロカの「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」の使い勝手をお試しリポートさせてもらいます!

パンづくり初心者がホームベーカリーを初体験!

シロカの「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」

おうちベーカリー ベーシック SB-1D251 ¥14,960※編集部調べ(シロカ)

こちらが、今回お試しした「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」。サイズは、幅24.2×奥行30.8×高さ25.7cmと、5合炊きの炊飯器よりは、若干小さめな印象です。シンプルな見た目で、我が家のキッチンカウンターにもすっきりと収まりました。

シロカの「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」

実は何を隠そう、この私、ホームベーカリーを使うのは初めて。これまでMartでもたくさん特集されてきたホームベーカリー。もちろん気になる家電ではありましたが、日々の家事だけで手いっぱいになっているうえに、面倒くさがりな私のような人間は、“ホームベーカリーに手を出してはいけないタイプNO.1”に違いない気がして……あと一歩のところで購入を見送っておりました。  なので、今回の体験はワクワクドキドキです!

まずは、シンプルに、一番ベーシックな「食パン」を焼いてみます。

材料を計ってパンケースに入れたら、スイッチオン!

焼き上がり! 完成に近づくと、香ばしいパンのよい匂いがあたりに漂います。

調理時間は約4時間(233分)。その間に、ホームベーカリーの中では、こねたり、ねかしたり、発酵させたり、焼いたりしているそう。パンづくりってずいぶん手間がかかるものなんだなぁと、ホームベーカリーの働きぶりにつくづく感心してしまいました! その間に、私がやったことは堂々の“なし!!!”「どのくらいこねるの?」「発酵ってナニ?」なんて知識ももちろん不要です。

夜寝る前に材料を入れて、予約しておけば、朝には焼き立てパンが食べられましたよ!

感動ものの“超早焼きパン”!

……と、ここまではどのホームベーカリーでもほとんど変わらない機能だと思いますが、「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」の本領が発揮されるのは、実はここからです! まずはこちらをご覧あれ!

ふるった粉類、ぬるま湯で溶かしたドライイースト、溶かしバターなどの材料をパンケースに入れてスイッチオン!

約47分後にできあがり!(※「超早焼きパン」メニューを使用)

どうです? 「食パン」をつくったときとほとんど変わらないように見えますが、ここで注目してほしいのは焼き上がりまでの時間。普通の食パンをつくったときは4時間近くかかったのに対し、こちらの「超早焼きホワイトパン」は約47分。なんと、ごはんを炊くよりも早いんです。これは、ホームベーカリーの早焼きコースのなかでも圧倒的な早さかと思われます。

シロカの「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」でつくった超早焼きパン

粉をふるったり、溶かしバターをつくったり、普通の「食パン」メニューに比べて少しだけ手をかける必要がありますが、これなら、お昼が近づいてきた頃合いに「今日のランチは『焼き立てパン付きのカフェ風ワンプレート』にしよう !」なんて思いついても、簡単に実現ができちゃいそう。おもてなしランチにもぴったりですよね!

ホームベーカリーの使用シーンがまたひとつ増えそうな、驚きの機能でした!

アレンジメニューも超楽しい♪

「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」は、食パン以外のアレンジパンのメニューも豊富です。

ホームベーカリーの楽しさにすっかり目覚めてしまった私は、公式のレシピブックを見ながら、次は何をつくろうかとアレコレ考えるのが楽しくて、いろいろつくりましたよ!

パン屋さんの定番!「くるみとドライフルーツのパン」

チョコシートを練りこんだ「マーブルパン」は子どもに大人気!

やさしい甘さの「ミルクフランス」も! ホームベーカリーでつくったパン生地をオーブンで焼き上げます!

ひとつつくるごとに家族も大喜び! だんだんと、 天然酵母パンや米粉パンなど、上級者っぽいメニューにもチャレンジしたくなってきました。

さらに、パン以外のお料理もボタン一つでつくれるんです。

アルミホイルに包んださつまいもを入れて、スイッチオン!

じっくり加熱して、ほくほく美味しい焼きいもです! 子どものおやつに用意したら喜んでいました!

他にも、もちつき機能、ヨーグルトや甘酒をつくる機能など、もはや“マルチ調理家電”と呼んでもよいのではないかと思うくらいの機能の充実ぶり。

毎日でも使いたくなる機能が充実したシロカの「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」。一台持っていると、生活をちょっと豊かに楽しくしてくれそう。いろいろなメニューに挑戦するハードルが下がるので、私のように面倒くさがりの人にこそ、おすすめしたい家電だと思います。

現在、Martの公式ツイッターにて、1名様に「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」が当たるプレゼントキャンペーンを実施中。少しでも気になった方は、ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

《プレゼント応募方法》

Mart公式ツイッター@mart_kobunshaをフォロー
#Martしてみた のハッシュタグ、「プレゼント応募」と入れて上記のツイートを引用RT
当ツイートを「いいね」
■キャンペーン実施期間
2022年11月13日(日)23:59まで

■当選アイテム
シロカの「おうちベーカリー ベーシック SB-1D251」

■当選人数
1名様

■注意事項
・当選者の方にはMart公式アカウントよりダイレクトメッセージでご連絡いたします。
※偽アカウントからのDMにご注意ください。
・当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
・ご応募いただいたアカウントが非公開の場合はDMでのご連絡ができないため、応募いただいても無効になります。
・フォローを取り消してしまった場合は参加とみなされません。
・当選のご連絡から期日までに発送先情報の登録がない場合や入力した情報に不備があった場合、当選の権利を失効とさせていただきます。
・海外への発送は行っておりません。
・いただいた個人情報は当社で厳重に管理し、ご本人の承諾なしに第三者に開示することはございません。

【商品お問い合わせ先】
シロカ
0570-001-469  https://www.siroca.co.jp/

取材・文/田島えり子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)