Food・Recipe フード・レシピ / Seasoning 調味料

1本で味つけがキマる「ねこんぶだし」が 毎日の料理に欠かせない!

住吉区
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
子どもの幼稚園を通して出会ったという冨井さんグループ。季節の行事やイベントを親子で楽しむことも多く、みんなでホームパーティーをする際も手づくり料理をふるまうことを心がけています。そのため、体にいいものや時短でできあがるものなど情報交換は欠かせないとか。そんなみなさんが毎日の味つけに絶対欠かせないのが「ねこんぶだし」です。
 
 
栄養たっぷり、味つけもこれひとつでOKの万能だし
いつもおいしい料理をサッとつくってくれる、おもてなし上手な祖母から教えてもらったのをきっかけに冨井さんの定番調味料になった「ねこんぶだし」。冨井さんがママ友の三浦さんや澤田さんにすすめてから、2人も毎日必ず使うように。どんな料理も、これを加えるだけで手間をかけてつくられたような奥深い味にしてくれるんです。
 
根昆布とは、昆布の葉の下部と茎の上部の間の部位。昔から民間薬としても使われていたというほど、昆布で一番栄養価が高い部分。成長期の子どもたちの毎日の料理の味つけとしてもぴったりなんです。他の昆布だしよりも、味がしっかりしていて、コクとヌメリがあるおかげで、少量でうま味をアップしてくれます。
 
いつもの料理に使うだけでコクとうま味がUP
そしてなによりも、ねこんぶだし1本で味つけが完成してしまうので、毎日の料理時間の短縮にも便利です。今回は、読者3人の実際の活用レシピを教えてもらいました。
 
【味噌汁】
2人分で小さじ約1杯のねこんぶだしでOK。イチからだしをとったような深みが出るので、毎日何度も飽きずに食べたくなる味になるんです。
 
 
【野菜炒め】
野菜を炒め、ねこんぶだしを適量まわしかけます。どんな野菜にも合い、コクが出てまろや
かにしてくれます。
「ご飯に合うやさしい味になるので、子どももよろこんで野菜を食べるようになりました」(澤田さん)
 
 
【炊き込みご飯】
2合に対し、ねこんぶだし約大さじ2杯を加えるだけ。ご飯にだしがしっかり染み込むので、より食べごたえのある炊き込みご飯に。具材の風味も引き立ててくれます。
 
 
「卵焼きなど、お弁当に入れるおかずに使うと、だしのうまみでしっかり味がつき、冷めてもおいしいんです。忙しい朝の準備もねこんぶだしだけで味つけが決まるので、時短にもなり家事がスムーズになって助かっています」(冨井さん)
 
 
「おもてなし料理をつくるときにも、ねこんぶだしがあればどんな料理も味つけに迷わず、自信を持って手づくりを出せるから、急な来客時にも安心。必ず常備しています」(三浦さん)
保存料・着色料・香料を使用しておらず、家族の健康にも良い「ねこんぶだし」。一家に一本の必須だしになること間違いなしです。
 
 
500ml¥770(さいとう)
 
【お問い合わせ先】
 
【この記事もおすすめ!】
ひなまつりにおすすめ! ゆず風味でどんな料理もさっぱりまろやか「馬路ずしの素」
https://mart-magazine.com/local/17211
 
噂の「食べる、だし醤油」は「のせる」「まぜる」が基本です
https://mart-magazine.com/gourmet/17188
 
撮影/テラサカトモコ 取材・文/寺倉玲子

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2019年11月号 好評発売中! 特集 超忙しくても きれいが続く「ノーリバウンド収納」
    2019年9月28日発売
    通常版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    バッグinサイズ版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2019年11月号 好評発売中! 特集 超忙しくても きれいが続く「ノーリバウンド収納」
    2019年9月28日発売
    通常版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    バッグinサイズ版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)