Food・Recipe フード・レシピ / Recipe レシピ

AKOMEYA TOKYOの白いごはんに合う魚系調味料&レシピ4選

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

お米屋さんから始まり、現在では多くの食材や調味料を取り扱う「AKOMEYA TOKYO」。特に「行くと買いたくなっちゃう」と評判なのが調味料です。
今回は、Mart読者の悩みにお応えして、白いごはんの味を変えてくれるAKOMEYA TOKYOのお魚系のごはんのお供とレシピをご紹介します。お家ごはんがマンネリ気味…という方は、ぜひお試しを。

【Mart読者の悩み】
「毎日食べる白飯がマンネリ。短い時間でパパッとできる、混ぜるだけで味が決まるようなごはんものってありませんか?」(埼玉県在住 江澤 香さん)

 

あごだしと南高梅のコラボレーション!

【編集部イチ押し】紀州南高梅 ほぐしあごだし梅 70g ¥650

ボリュームのある、果肉がやわらかい完熟の南高梅を使用。あごが落ちるほど美味しいと言われるあごだしに漬け込み、酸味や塩分だけでなく、うま味がギュッと濃縮されたほぐし梅です。

●「ほぐし梅と枝豆の混ぜごはん」のレシピ

おかずに手が回らなくても、パッとテーブルが華やかになる色合いのごはん。「ほぐしあごだし梅」はすっぱすぎないので、子どもでもパクパク食べられちゃいます。梅の種は取ってあるので、調味料としても活用できて時短に。

【材料(2人分)】
・ほぐしあごだし梅…大さじ2
・茹でた枝豆…正味60g
・白煎りごま…小さじ1
・ごはん…300g

【つくり方】
【1】温かいごはんに「ほぐしあごだし梅」、枝豆をよく混ぜる。
【2】器に盛り、白煎りごまをかける。

ごはんの素いらず。枝豆と一緒に混ぜるだけで、味が一発で決まります!

【こんなアレンジも!】おつまみに最適な「梅とじゃがいものナムル」

じゃがいも2個をスライサーで千切りにしてサッと茹で、「ほぐしあごだし梅」大さじ2で和え、彩りに三つ葉を混ぜて完成。あと一品欲しいときやおつまみに出せるアレンジです。

 

香ばしいサンマフレークは魚が苦手でも食べやすい

【編集部イチ押し】北海道 さんまぼろぼろ 200g ¥700

北海道産のサンマをフレーク状にして、ごぼうやにんじん、ごまを加えてつくられたもの。骨や魚臭さがなく、甘みがあって子どもも好きな味つけになっています。

●「サンマのタコライス」のレシピ

すべて混ぜるだけ、のせるだけの簡単ごはん。忙しい日のお助けメニューです。

【材料(2人分)】
・さんまぼろぼろ…大さじ6
・アボカド…1個
・ミニトマト…6個
・レタス…2枚
・ピザ用チーズ…大さじ3
・ごはん…300g

【つくり方】
【1】ごはんを器に盛り、レタスの千切り、「さんまぼろぼろ」、ミニトマト、1cmの角切りにしたアボカド、ピザ用チーズをのせる。

加熱しなくていいので、食べる直前にそのまま盛りつけます。野菜との相性も抜群!

 

漁師の妻がつくる浜飯が簡単につくれる!

大分 佐伯ごまだし(アジ)200g ¥1,000

漁村の女性グループが、新鮮な魚を焼いてごまと一緒にすり合わせ、しょうゆを足してつくりあげたもの。

●「冷や汁」のレシピ

調味料としても活用できるお魚系瓶詰は、ストックしておきたい1品。

【材料(2人分)】
・ごまだし(アジ)…大さじ3
・きゅうり…1/2本
・和風だし…300ml
・ごはん…200g
・A(かいわれ菜(1.5cm幅)…1/3パック、青じそ(千切り)…2枚、みょうが(千切り)…1個)

【つくり方】
【1】Aの薬味はよく混ぜる。きゅうりは薄切りにする。
【2】ボウルに「ごまだし」ときゅうりを入れ、きゅうりをしんなりさせる。
【3】器にサッと洗ったごはんを入れ、【2】をのせ、よく冷やした和風だしをかけ、薬味をのせる。

きゅうりと合わせ、しんなりしてきたらベースは完成。暑い日でも食欲をそそります。

 

サケにプチプチしたシシャモ卵の食感がクセになる

新潟 磯の香 鮭ごのみ 160g ¥600

国産の秋サケ、プチプチ食感のシシャモ、たらこがミックスされたソフトフレーク。やさしい味つけです。

●「簡単チャーハン風混ぜごはん」のレシピ

ヘルシーな食材を使っているので、安心して手抜きできます!

【材料(2人分)】
・鮭ごのみ…大さじ4
・卵…1個
・塩…少々
・青ねぎ(小口切り)…3本
・ごはん…300g

【つくり方】
【1】卵に塩を少々加え、炒り卵をつくる。
【2】ボウルに温かいごはん、【1】、「鮭ごのみ」、青ねぎを入れてよく混ぜる。
【3】お好みでさらに上から「鮭ごのみ」をかける。

混ぜ込みつつ食べる前にのせても。サケのしっとり食感と魚卵のプチプチがごはんになじみます。

 

【こちらの記事もおすすめ】
バターの香りが食欲をそそる! AKOMEYA TOKYO「のせのせ」シリーズ
https://mart-magazine.com/local/19274
地元スーパーで買える!地元民オススメのご飯のおとも食材
https://mart-magazine.com/local/21821
卵かけごはんの歴史が変わる!?大ヒット調味料「食べる醤油」徹底検証
https://mart-magazine.com/gourmet/16356
ビタミンやミネラルを美味しく摂れる! 海藻の佃煮「大海の野菜」
https://mart-magazine.com/local/23465
ご飯もお酒もすすむ「あけがらし」は 山形発・江戸時代から続く秘伝の味
https://mart-magazine.com/local/20019

撮影/楠 聖子 フードコーディネート/上島亜紀 取材・文/森岡陽子  構成/タカノマイ(Mart編集部)

Mart2019年7月号
白ごはんや炒めものもワンランク上に
使ってみたい!東の「AKOMEYA TOKYO」と西の「御影新生堂」の調味料 より

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2019年11月号 好評発売中! 特集 超忙しくても きれいが続く「ノーリバウンド収納」
    2019年9月28日発売
    通常版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    バッグinサイズ版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2019年11月号 好評発売中! 特集 超忙しくても きれいが続く「ノーリバウンド収納」
    2019年9月28日発売
    通常版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    バッグinサイズ版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)