【簡単セルフチェック付き】プレ更年期って?漢方&フェムテックに頼る手はあり?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「漢方」と「フェムテック」、両者のいいところを知ってもらい、上手に活用しながら女性に快適な日常を送ってほしい……。そんな願いを込めて、今回は、子育てをがんばるアラフォー世代にプレ更年期の対処法を漢方薬剤師目線からご紹介します。

30代後半~40代前半の「プレ更年期」とは?

まだ更年期ではないはずなのに、更年期と同じような症状があらわれることはありませんか?考えられる理由のひとつに、プレ更年期の不調があります。

「プレ更年期」とは、更年期(おおよそ40代半ば~ 50代半ば)に差しかかる前をいいます。この時期は、閉経に向けてさまざまな心身の変化が生じ始めます。原因は女性ホルモンの分泌量が徐々に減ってくることとされています。

とくに、このプレ更年期の症状を訴える人が近年増えてきているのは、出産の年齢が上がっていることが考えられます。子育てが落ち着く前にプレ更年期に入り、育児の疲労やストレス、PMSなどからくる不調と重なってしまうのです。

プレ更年期の症状をチェック

40代前半までの年齢で、なんとなく不調を感じるという人は、以下の項目をチェックしてみましょう。

□ 動悸
□ 息切れ
□ 疲れやすい
□ ほてり
□ 発汗
□ めまい
□ 頭痛
□ イライラ
□ 不安
□ 不眠

症状がそれほどひどくなくても、少しでも当てはまるという人は、プレ更年期の可能性があります。

プレ更年期に起こる症状を放置したままでいると、将来的に更年期障害の悪化へとつながる可能性も。本格的な更年期に入る前に、不調を感じている人は適切なケアを始めましょう。

ホルモンバランスを整えるフェムテックに注目

子育てのストレスと、プレ更年期が重なるアラフォー女性は、ホルモンバランスを整えることで不調が改善されることがあります。近年、注目されているのは「フェムテック」の活用です。

フェムテック(Femtech)とは、「Female(女性)」と「Technology(テクノロジー)」をかけあわせた造語です。生理やPMS、不妊、妊活、セクシャルヘルスといった、女性のからだや心のモヤモヤを解決してくれるさまざまな製品やサービスのことをいいます。

ここからは、おすすめのフェムテックをご紹介します。

生理周期アプリ

生理日、排卵日、PMSなど、女性のからだと心のリズムを予測してくれるアプリがあります。さらに、基礎体温、体重、スケジュール管理、睡眠など、アプリによって記録できる項目が異なるため、ご自身のライフスタイルに合ったものを選択できます。

こうして残した記録は、日常的なさまざまなシーンに備えるために活用するといいでしょう。

膣トレアイテム

膣トレボールをタンポンのように膣内にいれるだけで、膣そのものや、膣を支える骨盤底筋を鍛えられる膣トレボールなどで膣や骨盤底筋を鍛えると、産後のゆるみや尿漏れなどの悩みが解決できると期待されています。

オンラインピル処方

医師によるオンライン診療を受けることができ、ピルの処方から定期配送までをスマホひとつで完結できるサービスがあります。

オンライン診療なので、スキマ時間で簡単に診療を受けられるだけでなく、医師とのビデオ通話でピル服用の不安や気になることも相談できます。さらに、ピル飲み忘れ防止のためのリマインド機能や、ピルの服薬状況を記入できるものもあります。

オンライン漢方相談サービス

プレ更年期の不調には、漢方を活用してからだの内側からホルモンバランスを整えて対処していく方法も。漢方薬のなかには、PMSや生理痛、生理中のイライラなどに効果が認められているものがあり、婦人科などで処方されています。

漢方薬の種類はさまざまですが、それぞれの症状や体質に合わせ、よりその人に合ったものを選んでいきます。漢方薬の見極めは、専門家にお任せするのがおすすめ。

オンライン相談サービス「あんしん漢方」は、漢方のプロがAI(人工知能)を活用し、効く漢方を見極めて自宅に郵送してくれます。

プレ更年期対策の代表的な漢方薬

漢方薬は、プレ更年期の不調の原因となる、血流や自律神経、ホルモンバランスの乱れを整えることで、心身の不調の根本改善を目指します。

また、漢方薬は自然由来の治療薬として、現在起きている不調の回復だけでなく、免疫力を上げ、自律神経を整えることで、心とからだ全体の体質を根本改善することを得意とし、西洋薬と比べて副作用が少ないといわれていることもメリットです。

それでは、婦人科外来でもよく使われる代表的な漢方薬を紹介しましょう。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)


疲れやすく、下半身の冷え、貧血傾向でむくみ、めまい、頭痛、肩こりのある人に。

血行障害やうっ血の原因となる「血(栄養)」の不足を補い、血液の巡りをよくして、からだを温めます。

【第2類医薬品】クラシエ薬品 クラシエ当帰芍薬散錠 24日分 (288錠) とうきしゃくやくさん 足腰の冷え性 むくみ 【送料無料】

加味逍遙散(かみしょうようさん)


体力がなく、肩こりやめまい、頭痛のある人に。

「気(エネルギー)」の流れを改善します。気持ちの落ち込み、イライラや不眠などの精神症状や、のぼせやほてりなどに用いられます。
【第2類医薬品】クラシエ薬品 漢方セラピー クラシエ漢方加味逍遙散料エキス錠 20日分 (240錠)

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)


比較較的体格がよく頑丈で、赤ら顔、のぼせ、発汗症状が強い人に。

滞った血の巡りをよくすることで、のぼせ、肩こり、打ち身、にきびなどに用いられます。

ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒A 20包ウェルパーク◎

元気な心とからだで子育てを楽しもう

今まで女性が我慢して当たり前だと思っていた悩みは、「漢方」と「フェムテック」を併用することで、ホルモンバランス改善の効果が高まると期待できます。ご自身の不調が少しでも気になる子育て中の人は、ぜひ試してみてくださいね。

<この記事を書いた人>

薬剤師 竹田由子

共立薬科大学(現 慶応大学)大学院卒、臨床薬学専門。43、47歳で出産した2児の母。

病院で10年以上医薬品情報室に従事し、医薬品に関する情報に精通。元漢方・生薬認定薬剤師。

漢方を自身の月経痛や妊活にも活用してきた経験から「日常の不調はまず漢方」をモットーに体の不調を我慢する女性へ対し情報発信している。

症状・体質に合ったパーソナルな漢方をスマホ一つで相談、症状緩和と根本改善を目指すオンラインAI漢方「あんしん漢方」でもサポートを行う。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方)

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980