• TOP
  • スポット
  • ショップ
  • 【週末のお出かけ】「魚の直売所・野菜の直売所」へ きじまりゅうたさんとお買い物ツアー

【週末のお出かけ】「魚の直売所・野菜の直売所」へ きじまりゅうたさんとお買い物ツアー

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

全国各地にある漁港の近くには、一般客でも手軽に新鮮な魚介を購入できる直売所があります。そのひとつ、神奈川県三浦市の「うらりマルシェ」や、近くの野菜の直売所「すかなごっそ」に料理家のきじまりゅうたさんがお買い物ツアーへ!

三崎漁港の獲れたてが集まる「うらりマルシェ」へ!

うらりマルシェ

うらりマルシェの目の前はもう海。遊覧船乗り場や釣り堀もあり、ファミリーで楽しめる絶好のスポット。

神奈川県三浦市三崎5-3-1 営業時間 月~土曜9:00~17:00、日曜7:00~17:00 無休 東京都心から高速道路利用で約1時間、電車は京急三崎口駅からバスで約15分。有料駐車場あり。1階はマグロを中心とした「さかな館」があり賑わいます。

魚の目利きにおすすめを聞いてみました

お買い物をしたのは「魚音」さん。4代続く老舗で、確かな目利きで、市場で落札した鮮魚を揃えています。魚音の赤平さん(右)から「頭が小さく見える魚は身が美味しい」「目が金色のキンメダイを選ぶべし」と目利きポイントも伺えました。獲れたてのときに目が金色だからキンメダイだそうで、そんなに新鮮なものはスーパーでは見られないそう。

近海で獲れた魚も並びます。「漁港にその日揚がった魚から、厳選したものを並べています」(赤平さん)。家庭で食べやすいように工夫されている商品も、たくさんありました。

この時季に揚がる「キンメダイ」をイキのいい状態でさばき、特殊な技術で急速冷凍した商品が魚音さんのおすすめ商品。「キンメはさばくのが大変だし、これならすぐに調理できていいね」ときじまさんも興味津々!

きれいに輝くカマスを発見。和食として食べるイメージが強いですが「洋風もいいかな」。

巨大なマグロのブロックがドーン。パーティ用に、とこのまま買うお客さんもいるのだとか。


施設内のまぐろ工房 清月では目の前で揚げたまぐろコロッケなど揚げ物も並んでいます。

きじまさんお買い上げ商品!

魚

右上から時計回りに、急速冷凍されたキンメダイ、きじまさんも初めて調理するというマグロの尾身(テ ール)、鮮魚カマス、トコブシとアサリも鮮度を保つために冷凍されたものを。


「すかなごっそ」ではよこすか野菜を品定め!

神奈川県横須賀市長井1-15-15 営業時間9:30~18:00(3~10月)、~17:00(11~2月) ㊡水曜(祝日の場合は営業) JAの農産物直売所「すかなごっそ」。地名・横須賀のよこ「すか」の新鮮野菜「菜=な」のごちそう「ごっ
そ」からなる店名。車であれば、うらりマルシェから20分ほどの距離で便利。

すかなごっそ

JAが運営する直売所には、地元で穫れた新鮮 野菜がズラリ! きゅうりも生産者さんによりさま ざまな品種が。まさに野菜の宝庫です。

「葉付きのにんじん、これは買いたい!」「ミニトマトたくさんあるね、どれがいいかな~」ときじまさんも商品選びに熱中!

「あまりに楽しくて!」と地元野菜でいっぱいになったきじまさんの買い物かご。


きじまりゅうたさん
明るい人柄と、素材を生かした〝絶品飯〞が大人気。 YouTubeチャンネル「きじまごはん」では日々のお役立ちワザなど、多数配信中。


いま発売中のMart夏号では、観光地などへ行った帰りに立ち寄る「道の駅」や「直売所」で地元ならではの食材を、あるいは「コストコ」や「角上魚類」で見つけためずらしい食材を使い、週末に家族で味わう料理を提案中。Mart夏号をチェックしながら、観光だけでは終わらず帰ってからも楽しめる週末を過ごしてみませんか?


Mart夏号 特集 Part2きじまりゅうたさんと行く「港の直売所」で買った魚で超簡単ごちそうレシピ より

撮影/北川鉄雄 取材・文/新里陽子 編集/西口 徹

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)