竹脇まりなさん監修「マリネスプロテイン」に新フレーバー登場!カフェドリンク級のおいしさ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

マリネスプロテイン抹茶ラテ、ブルーベリーヨーグルトのパッケージ。

「宅トレ」ブームがすっかり定着している今。トレーニングと合わせて飲みたいのがプロテインではないでしょうか。私もそのひとりで、お気に入りのプロテインは宅トレクリエイターの竹脇まりなさんが開発に関わった「マリネスプロテイン」です。先月新フレーバーも2種類登場したとのことで、さっそく試してみました。竹脇さんから伺った開発秘話などもご紹介します!

新フレーバーはブルーベリーヨーグルトと抹茶ラテ

ヨガマット、筋膜ローラーとブルーベリーヨーグルトプロテイン。

新フレーバーのブルーベリーヨーグルトは、爽やかな酸味で甘さ控えめ、サラッとしたヨーグルトテイストです。ダイエット成分が配合されているので運動の後がオススメ。

継続しやすい、美味しい、色んな場面で飲める、そんなプロテインを求めて開発されただけあって、水や牛乳などに溶けやすく、なんと言っても美味しい!そこが長続きするポイントだと実感しました。

1日分のビタミン11種類や100億個の乳酸菌がこの1杯で摂れるので、スーパーサプリメントドリンクと呼んでも良いのでは?と思います。

これ一杯飲めば体に必要な栄養素全部OK!というようなプロテインをつくることが目標でした。それが完成して、今とってもラクです♪(竹脇さん)

竹脇まりなさんコメント:
「マリネスプロテインは、運動後のタンパク質補給がスムーズなホエイプロテインと、消化がゆっくりでとろみがあり腹持ちが良いソイプロテインを配合しているので、運動後だけでなく朝食や寝る前にもオススメです!」

ソファに抹茶ラテプロテインと本が置かれ、リラックスしている様子。

ビューティーラインの抹茶ラテは、抹茶のほろ苦さとさっぱりとした甘みが寝る前のリラックスタイムにピッタリ。

もう1つの新フレーバーは抹茶ラテ。お茶の香りが心地よく、とろみがあって寝る前のちょっとお腹が空いたなと思った時に飲むと気持ちも安定して、ゆったりした時間が過ごせます。

いいとこ取りのプロテイン!グルテンフリー、砂糖不使用、人工甘味料不使用、人工着色料不使用、保存料不使用。毎日摂るものだから安心安全にはこだわりたいですよね。

竹脇さんコメント:
「インスタやYouTube生配信などで、みなさんにアンケートを取ってどんな味が欲しいか、聞きながらつくりました。特に抹茶ラテは、ティータイムでも飲めるようなイメージでつくっているので、プロテインを飲むぞ!という気合いは要らず、どんなタイミングでも飲んで欲しいなと思います」。

6フレーバー勢揃い!ブレンドして楽しんでもOK

(左から)苺ミルク、ロイヤルミルクティー、抹茶ラテ、ブルーベリーヨーグルト、リッチチョコレート、バナナ各31回分(682g)¥5,580(税込)、各お試し14回分(308g)¥2,780(税込)

(左から)苺ミルク、ロイヤルミルクティー、抹茶ラテ、ブルーベリーヨーグルト、リッチチョコレート、バナナ各31回分(682g)¥5,580(税込)、各お試し14回分(308g)¥2,780(税込)

竹脇さんコメント:
「マリネスレンジャー勢ぞろい!(笑)単品で飲んでももちろん美味しいのですが、好きな味をミックスして飲むこともできます。私が大好きなのは、チョコレート1といちご2で混ぜたいちごチョコ味!抹茶とバナナを合わせて抹茶バナナラテや、いちごとブルーベリーヨーグルトでベリーヨーグルトなど、混ぜてお好みのフレーバーにできるのも魅力のひとつかなと思います」。


ダイエット、ビューティーと2種類の目的別にはなっていますが、まずは好みの味でお試ししてみると良いのではと思います。私はこれまでさまざまなプロテインを試しましたが、続かず挫折してきた経験が。マリネスプロテインはそんな私が継続でき、むしろ進んで飲みたくなるほどLOVE♡とにかくとってもオススメです!

オンライン販売のほか、全国のロフト、ドン・キホーテの店頭での販売も。見かけたら手に取ってみてください。

お問い合わせ先:マリネスプロテイン
https://mariness.jp/

取材・文/森岡陽子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)