• TOP
  • スポット
  • グルメ
  • 【スシロー・くら寿司・かっぱ寿司】今週末に食べておきたい!とろ!うに!いくら!

【スシロー・くら寿司・かっぱ寿司】今週末に食べておきたい!とろ!うに!いくら!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
かっぱ寿司の「かっぱのうにとろ祭り」のメニュー

かっぱ寿司の「かっぱのうにとろ祭り」

高級食材を気軽に食べられるのは回転寿司のいいところ。現在実施中のフェアでは、各店で天然まぐろやうに、いくらといった高級ネタが登場しています。この機会に食べられるオススメをご紹介します。

【スシロー】“もりもり”が目印?!スシロー×桃太郎電鉄

スシローが「桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番~」がコラボした「キングボンビーすし」

12月11日(日)まで行われているのが「桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番~」とのコラボ。通常の寿司とはちょっと違った見た目になっています。「キングボンビーすし」(¥360~390)はねぎまぐろ、赤えび、焼とろサーモン、蒸しほたて、たくあん、いくら、とびこ(一部エリアでは、ししゃもこ)をこれでもかと重ねています。

スシローが「桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番~」がコラボした「ミニボンビーすし」

もうひとつの「ミニボンビーすし」(¥120~150)は、たまごサラダ、カニ風サラダ、ツナサラダ、天かす、とびこ(一部エリアでは、ししゃもこ)と、こちらも具がたっぷり。サラダ系が好きな人にはたまりません。シャリも3貫分なのでお得です。どちらも1日の販売数限定。また数量限定のため、期間中でも完売次第終了となるので早めにチェックしてください。

スシローの「北海道祭」の「北海道産上いくら」

もうひとつ「北海道祭」も開催中。高級ネタのプチプチいくらを堪能できる「北海道産上いくら」(¥360~390)が登場しています。これはぜひ食べておきたい一品。

スシローの「北海道祭」の「羅臼産真いか」

また、店内で切り付けたいかの甘味が絶品の「羅臼産真いか」(¥180~210)などの寿司や、ラーメン、スイーツなどの限定メニューが楽しめます。ただし、11月27日(日)までと開催期間が残りわずかで売り切れ次第終了。完売している商品もあるかもしれないので、公式サイトやアプリで店舗ごとの品切れ情報が確認できる新しくスタートしたサービスを利用してみて。

※フェア商品は数量限定のため販売が終了している場合があります。

スシローHP:https://www.akindo-sushiro.co.jp/

【くら寿司】希少な天然みなみまぐろを味わう「極上まぐろフェア」

くら寿司の「極上まぐろフェア」の「天然みなみまぐろ中とろ」

天然物だけを厳選した「極上まぐろフェア」真っただ中の「くら寿司」。天然物みなみまぐろの中でも、より旨味が強くなる40㎏以上の魚体のみを厳選しています。おすすめは「天然みなみまぐろ中とろ」(¥250)。程よい脂のりがたまりません。

くら寿司の「極上まぐろフェア」の「天然みなみまぐろ上赤身」

また、一匹から15%しかとれない赤身の味が濃い「天身」という部分を使った「天然みなみまぐろ上赤身」(¥165)はまぐろ好きにぜひ食べて欲しい一品。この価格で高級まぐろが食べられるのはうれしいですね。希少な天然みなみまぐろを存分に味わえます。数量限定なのでなくなり次第販売終了になります。

くら寿司の「ビントロ」

そして、某テレビ番組で全品合格となって話題になったのも記憶に新しいですよね。そのうちグランドメニューもいくつかあり、いつでも食べられます。注目は満場一致で合格になった「ビントロ」(¥165)。実は“ビントロ”は25年前に「くら寿司」が初めて販売したものだそうです。今までスルーしていた人も食べたくなりますよね。

くら寿司の「まぐろユッケ軍艦」

甘辛い特製ダレがポイントの「まぐろユッケ軍艦」(¥115)は、ロングセラーの一品。こんな創作寿司を約20年も前に開発していたなんてすごいですね。コチュジャンなどをベースにしたタレとまぐろ、温玉の組み合わせがクセになります。もうひとつの定番「たまご焼き」(¥115)も改良の末たどり着いたという優しい味わい。この機会に合わせてトライしてみるのもいいですね。

※一部店舗では販売していない商品があります。
※フェア商品は数量限定のため販売が終了している場合があります。

くら寿司:https://www.kurasushi.co.jp/

【かっぱ寿司】¥110で食べられる「かっぱのうにとろ祭り」

かっぱ寿司の「かっぱのうにとろ祭り」の「うに包み」

11月22日(火)からスタートしたフェアでは、なんと高級食材のうにが¥110で食べられるというのですから驚きです。ということで絶対食べておきたいのが「うに包み」(¥110)。ひと口サイズのシャリにうにがのっていて、海苔で包んでいただきます。

かっぱ寿司の「うにとろ祭り」の「とろ醤油豆風包み」

ほかにも、とろとたくあんを合わせた「とろたく包み」やとろと長野県のソウルフードの醤油豆の味わいから着想を得た「とろ醤油豆風包み」も¥110で楽しめます。全種類食べても¥330!すごいことです。ちなみに「うに軍艦」(¥330)や「うにとろ包み」(¥165)など贅沢感あるネタはほかにもあるので、ぜひトライしてみて。

かっぱ寿司の「九州天然 奇跡の〆鯖」

そして同時期に味わえる、もうひとつの必食メニューが「奇跡の鯖」。これは福岡県の水産加工会社「玄天」と「かっぱ寿司」がタッグを組む第4弾企画。水揚げした日に酢で浅く〆ることで、中心部分は天然鯖本来の旨味が味わえるというもの。「九州天然 奇跡の〆鯖」(¥330)は一般的な〆鯖とは違った鯖の旨味を堪能できます。

かっぱ寿司の「九州天然 奇跡の鯖塩炙り」

また、「九州天然 奇跡の鯖塩炙り」(¥330)は、香ばしさが鯖の脂とマッチして絶妙なバランスのよさを感じる味わい。両方食べ比べてみると“奇跡”っぷりを実感できるはず。鯖の美味しさを発見できる逸品です。

※天候・入荷状況・売れ行きなどにより販売期間内でも品切れや販売終了となる場合があります。
※「包み」の商品は持ち帰りの際、軍艦での提供になります。

かっぱ寿司HP:https://www.kappasushi.jp/

様々な高級ネタや各店の自慢の寿司が楽しめるのはうれしいですね。ぜひ週末に家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

取材・文/岡部礼子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)