• TOP
  • 雑貨
  • キッチン
  • 【Can★Do(キャンドゥ)】お弁当づくりにもキャンプにも!便利すぎるミニボトル

【Can★Do(キャンドゥ)】お弁当づくりにもキャンプにも!便利すぎるミニボトル

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

夏休みも幼稚園の預かり保育があり、毎日お弁当づくりに追われている私。お弁当のおかずにソースをかけるとかけすぎたり、かけたいところにかからなかったり…。そうこうしているうちに子どもたちが起きてくるので、満足いかない状態で完成!そんな日々のストレスが軽減できるアイテムをCan★Doで発見。これは試さずにはいられない!ということで早速使ってみました。

用途にあわせて選べます!

(左)オイル用ドロップポンプ(中央)醤油用スプレーボトル(右)ソース用ドロップポンプ 各¥110

(左)オイル用ドロップポンプ(中央)醤油用スプレーボトル(右)ソース用ドロップポンプ 各¥110

どちらもかけたいところにワンプッシュして使えるミニボトル。醤油用はスプレー式、オイル用とソース用はドロップ式になっています。

どれも高さが11cmほどと手のひらに収まるくらいコンパクトで容量は約40cc。収納するときも場所をとりません。

スーパーに売られていた一番小さいボトルとそれぞれ比較しても小さいことが分かります。我が家ではキャンプをするとき、なるべく荷物を減らすためこの小さい調味料をスーパーで購入して持参していたのですが、この詰め替えボトルはさらにコンパクト!持ち運び用にもピッタリです。

適量がかけられて無駄使いも防げます

まずはスプレー式の醤油用を使ってみました。息子が大好きなとうもろこしは前日に茹でておき、朝はしょう油をハケで塗ってトースターで軽く焼くのが定番。でもしょう油を小皿に出して、それをハケで塗るのが億劫なときも(笑)。

また、とうもろこしは幼稚園児のお弁当用なのでかなり少量。小皿に出したしょう油も使い切らずに残りは捨ててしまうのでもったいない、と思っていました。

そこでハケで塗る代わりにスプレーをワンプッシュ。1回で約0.1ccをかけることができます。幼稚園児が食べやすいように輪切りにしたとうもろこしをさらに半分にカットした大きさには、ワンプッシュがちょうどいい量。スプレー式なので、まんべんなくかけることができました。

次に使ったのはソース用のドロップポンプ。お弁当のおかずにソースをかけると、ほんの少量をかけたつもりでも一気に出てしまいソースまみれにしてしまうことも。

このポンプはワンプッシュで約0.5ccと少量を出せるので、かけたいところに向けたらあとはポンプをプッシュするだけ。狙った場所を外さずにかけられるので、ほかのおかずにかかってしまう心配もなくありがたい限り!

オイル用ドロップポンプは、通常のボトルでは出せない少量のオイルを出せるので油を薄くひいて調理したいときに便利。

休日のランチは子どもたちが大好きなパンケーキを焼くことが多いのですが、いつものボトルからオイルを入れると少量のつもりでたくさん入ってしまうことがしばしば。少量ずつ様子を見ながら入れるには、このドロップポンプが最適!

ワンプッシュで出るのは約0.5ccなのでオイルの出しすぎを防止してくれます。オリーブオイルをかけて食べる料理にも重宝しそうですよね。

また、我が家ではキャンプにはポーション型で使い切りタイプのオリーブオイルを食用油として持参するのですが、それでも使い切れず余らせることが多いので、次回からはこちらを持参することに。

自宅ではもちろん、アウトドアでも活躍間違いなしのミニボトル。ぜひ活用してみてくださいね。

【お問い合わせ先】
Can★Do http://www.cando-web.co.jp
※掲載情報は取材時のものです。店舗ごとに取り扱う商品が異なりますのでご了承ください。

取材・文/西村絵津子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980