• TOP
  • 雑貨
  • キッチン
  • 【100均】Can★Do(キャンドゥ)バイヤー絶賛の「シリコーン根菜カバー」で人参・大根の鮮度をキープ!

【100均】Can★Do(キャンドゥ)バイヤー絶賛の「シリコーン根菜カバー」で人参・大根の鮮度をキープ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

使いかけの根菜類を冷蔵庫で保存するとき、どうしていますか? ポリ袋やフリーザーバッグに入れても、だんだん切り口が乾燥して黒ずんできますよね。Can★Do(キャンドゥ)バイヤーさんおすすめのシリコーン根菜カバーを使えば、その悩み解決します!

根菜の切り口を保護してくれるシリコーンカバー

冬場に美味しい根菜ですが、一度に使い切らないことも多いですよね。このシリコーン根菜カバーは、大根やにんじんなど根菜類の切り口にかぶせる事で空気を遮断して、鮮度を長持ちさせるアイテムです。洗って繰り返し使えるので、その都度ラップやビニール袋を使わなくてもいいのがうれしい♪シリコーン根菜カバー大1P(Φ7.5cm、厚み約1.5cm)¥110
シリコーン根菜カバー小2P(Φ3cm、厚み約1.5cm)¥110

大きいサイズは大根にぴったり

切り口をぴったり覆ってくれます。

片側をしっかり押さえながら、もう片側を引っ張ってセットします。

どちらもシリコーン製で伸縮性がありますが、大きいサイズは大根など太めの根菜にぴったり。直径約7~10cmの大根に対応しています。

鮮度の長持ち具合をチェック!

では、実際どのくらい鮮度が保たれるのか? 両端が切り口になった大根1/2本の片側にはカバーをかぶせ、片側にはかぶせずに、フリーザーバッグに入れて冷蔵庫で3日間保存しました。

片側だけシリコーン根菜カバーを装着。

【3日後:カバーをしていない方】乾燥し、大根の筋が目立ちます。そろそろ黒ずんできそう……。

【3日後:カバーをしていた方】乾燥の度合いが低く、鮮度は保たれたままでした。

カバーをしてさらにフリーザーバッグに入れているので、3日間でそこまで劣化したわけではありませんが、カバーをしていない方は水分が失われて硬そうな大根に。カバーをしていた方はある程度みずみずしさが保たれていました!

小さいサイズはにんじん、さつまいも、長芋などに

小さいサイズは直径約3~6cmの根菜に対応。

自宅にあったにんじんやさつまいもにかぶせてみましたが、サイズが違っても切り口にしっかり密着してくれました。キャップのように端が丸まっているので、使い始めは切り口にかぶせるのに少し力がいりますが、片側をしっかり押さえていればグイッと伸ばしても大丈夫。冬だけでなく、一年中活躍してくれそうな便利アイテムです。

【詳しくはこちら】
Can★Do  https://www.cando-web.co.jp
※掲載商品は取材時点の情報です。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

撮影・取材・文/富田夏子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980