• TOP
  • 雑貨
  • キッチン
  • ウワサのDAISO新業態店舗【スタンダード・プロダクツに行ってみた!】①
Goods 雑貨 / Kitchen キッチン

ウワサのDAISO新業態店舗【スタンダード・プロダクツに行ってみた!】①

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

100円ショップDAISO(ダイソー)の新業態として、3月のオープン以来話題を呼んでいる「Standard Products(スタンダード・プロダクツ)」。渋谷マークシティにある1号店に、Mart読者とライター陣がお邪魔してきました。

「ちょっといいのがずっといい」長く使えるシンプルな生活雑貨が充実!

standardproducts

スタンダード・プロダクツは「ちょっといいのがずっといい」をコンセプトに、300円商品中心の店舗としてスタート。DAISO関連の300円ショップとしては、Threepy(スリーピー)やCouCou(クウクウ)がすでにありますが、こちらが女性向きでファッションやトレンド性を意識したお店なのに対し、スタンダード・プロダクツは年齢や性別問わずに長く使えるシンプルな生活雑貨を充実させています。大創産業・広報課の岩橋理恵さんに、店舗について詳しくお聞きしました。

色数を抑えてジャンルを問わずコーディネートしやすいよう世界観を統一

standardproducts

「店内の商品は、7割が330円で、安いものは110円から高くて1,100円まで。弊社が商品開発から関わり、長く使えるいいものを手頃な値段でご提供できるよう、品質と価格が折り合うギリギリの設定にこだわっています。一番の特徴としては、色数を徹底的に抑えたことです。ホワイトやグレー、ネイビーやブラウンなどを中心に、いま家にあるものともフィットしやすいカラーリングを心がけました。現在は渋谷の1店舗のみですが、今後は店舗を増やしていくことや、オンラインでの販売も準備を進めています」(岩橋さん)

売れ筋3種の商品には工夫がいっぱい

売れ筋商品をお聞きすると、食器類、カトラリー、オーガニックタオルの3種が人気とのこと。これらの商品は、開店当初は予想以上の売れ行きに在庫がなくなり色やサイズが揃わない時期もあったそうですが、現在はかなり在庫が回復して落ち着いて買い物できるようになっています。

【食器は高台をなくして重ねやすく】落ち着いたカラー展開の食器は、グレーが一番人気。お皿の裏にある高台をあえて削り、重ねても厚みが出ないようにしています。

【新潟・燕製のカトラリーは持ち手がマット】金属加工製品で有名な新潟県燕市でつくられたカトラリー。一部持ち手がマットになっており、デザイン的にもおしゃれで持っても指紋がつきにくいという機能性も兼ね備えています。

【オーガニックコットンにこだわったタオル】肌にも自然にも優しいオーガニックコットン素材にこだわったタオルは、ハンドタオルなら2枚で330円と高コスパ! どれもタイ付きなので、フックなどに掛けて使うことができます。

インテリアからアウトドアグッズまで1フロアに充実の商品展開

次に注目を集めているのが、全12種類展開するディフューザー。開店1週間で全種類が売り切れたというのだから驚き! 香りはGREEN TEAやOCEANといった甘すぎない爽やか系が中心で、550円という価格もあってギフト需要も高いのだとか。簡易ライトやレジャーシートなどアウトドアグッズのコーナーもあり、メスティンは3合サイズまで揃っています。他にはキッチン、インテリア、ランドリー、収納グッズはもちろん、ペット用のアイテムや観葉植物なども展開しています。

一番人気の食器とカトラリーをお試し!

standardproducts

平皿21㎝(グレー)、平皿18㎝(グレー)、深皿15㎝(グレー)、マグカップ(ブラウン)、新潟燕ライラックスープスプーン2本、新潟燕金メッキケーキフォーク2本 各¥330、平皿12㎝(ブラウン)¥110(すべてStandard Products 渋谷マークシティ店)
取材しながら店内をじっくり見て回り、確かにシンプル&スタイリッシュな上にお手頃価格だけど、実際の使い心地はどうなの? ということで試してみるべく、Martライター・富田がガチ選びした商品がこちら。食器は一番小さい12㎝サイズ以外はすべて330円! カトラリーは2本で330円の商品が多く、お得感があります。

サイズや形違いでも重ねて収納できる

standardproducts

高台がないというお皿の収納が気になっていたのですが、重ねても厚みが出ず、シリーズの深皿も一緒に重ねて収納することができます。

ワンプレートやティータイム用におすすめ

使い勝手がよさそうなお皿は、マットな質感のグレーがやはり一番写真映えしそうで、サイズ違いを選択しました。21㎝の平皿はワンプレートに使いやすいサイズ。深皿はスープが200mlとたっぷり入りました。18㎝の平皿は食パン1枚がちょうどのる大きさ。今回はケーキ皿として使いましたが、和洋問わないのでおにぎりや焼き魚、目玉焼きをのせるだけでもかわいく見えます。食器の中でブラウンだけ少しツヤのある飴色だったので気になり、マグカップとソーサーにもなる小皿を購入。もちろん別々に使ってもOKで、マグカップは口に当たる部分が薄く、ドリンクが飲みやすいと感じました。今後原稿を書くときにはパソコン脇にお菓子とセットで置こうと思っています。

予想以上に品数が多く、あれもこれもと目移りしてしまい、悩ましかった商品セレクト。次回以降もMartライターや目利き読者がガチ選びした商品を紹介していきます!

【Shop Information】
Standard Products 渋谷マークシティ店
東京都渋谷区道玄坂1丁目12-1 渋谷マークシティ ウエスト1階 9:30~20:00(※緊急事態宣言発出に伴い5/17~当面の間 時短営業)
公式サイト https://standardproducts.jp/
Instagram @standardproducts_official

※商品はタイミングにより一部欠品している場合があります。

店舗写真/相澤琢磨(光文社写真室) 撮影・取材・文/富田夏子

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2021年7月号
    2021年5月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2021年7月号
    2021年5月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)