手軽に食べられる青魚! 「サバ缶」がおしゃれなおつまみに大変身!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

サバ水煮缶

ダイエット中でも気兼ねなく食べられるのが、低カロリーで栄養価も高い魚を使ったおつまみ。そのままでも食べられるサバ缶を使えば、調理もグンとラクになります! インスタグラムの料理動画で人気の森シェフに、サバ缶をちょっとおしゃれにアレンジしたおつまみのレシピを教えてもらいました!

合わせる食材を工夫すると、臭みが消えて美味しさがアップ!

気軽にタンパク質が摂れて便利なサバ缶。常備している人も多いのでは?

「アレンジするときには、薬味を加えたりにんにくやレモン汁を合わせるとサバ缶特有の臭みが消えて格段に美味しくなります」と森シェフ。おしゃれ感もアップします!

「サバの水煮缶」をつかったおつまみアレンジ2品

◆のりを巻く手が止まらなくなる!「無限サバ缶」

 

森シェフの「無限サバ缶」

刻んだ3種類の薬味をたっぷりと使うことで、全体的にさっぱりした風味に仕上がります。寿司用のしょうがの甘酸っぱさもいいアクセントに。ぺイヴ 6寸皿 生成 ¥2,860(スタジオエム)

【材料(2人分)】

  • (A)大葉 ・・・5枚
  • (A)みょうが ・・・1個
  • (A)寿司しょうが(ガリ) ・・・30g
  • サバの水煮缶・・・ 1缶
  • 白ごま・・・適量
  • のり・・・適宜

【つくり方】

  1. (A)をみじん切りにしてボウルに入れ、汁気を切ったサバの水煮缶を入れて和える。
  2.  皿にのせ白ごまをふる。お好みでのりで巻いて食べても美味しい。

 

◆ちょっとしたワザでバル風のおつまみに「サバ缶のムニエル」

森シェフの「サバ缶のムニエル」

サバ缶がひと工夫で魚料理の一品に変身。バターソースも美味しさの決め手です。オルス 270 プレートダークグレー ¥4,180、シャルパンテ テーブルフォーク 各 ¥1,320(ともにスタジオエム)、Borgonovo デュカール490cc 各¥570(イーストテーブル)

【材料(2人分)】

  • サバの水煮缶 ・・・2缶
  • 薄力粉 ・・・適量
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • 有塩バター・・・ 40g
  • レモンの皮(みじん切り)・・・ 大さじ1
  • パセリ(みじん切り)・・・ 大さじ1
  • アスパラガス ・・・適宜

【つくり方】

  1. サバの水煮缶の汁気を切り、キッチンペーパーで水気をとってから、薄力粉をまぶす。
  2. フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、1を入れて、表面がカリッとするまで焼いて皿にのせる。
  3. フライパンを洗って布巾で拭いてから、バターを熱して溶かす。火を止めピーラーでむいてみじん切りにしたレモンの皮とパセリを加え、2にかける。お好みで、焼いたアスパラガ
    スを添えても。
「サバ缶のムニエル」の焼き方

サバに薄力粉をしっかりつけることで水分が吸収されカリッとした食感に。中火で焼くと表面に軽く焦げ目もつきます。

「サバ缶のムニエル」ソースのつくり方

レモンの皮とパセリは風味を飛ばさないように火を止めてからフライパンに入れましょう。

「サバのオイル煮缶」でもう一品!

◆「オイル煮サバ缶のアヒージョ」

【材料(2人分)】

  • サバ缶(オイル煮)・・・1缶
  • にんにく(みじん切り)・・・1片分
  • 赤唐辛子・・・1本
  • アンチョビフィレ・・・ 1枚 ※あれば
  • オリーブオイル・・・適量
  • ローズマリー ・・・適宜
  • バゲット・・・ 適量

【つくり方】

  1. 鍋にサバ缶をオイルごと入れて、にんにくと赤唐辛子、アンチョビを入れて弱火で煮る。オイルが足りなければオリーブオイルを足す。
  2.  1を缶に戻して、あればローズマリーをのせ、バゲットを添える。

 

現在発売中のMart秋号では、他にも、森シェフに教わったおつまみレシピや家呑みを盛り上げる楽しいアイデアをたくさんご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

おうち居酒屋

(上から時計回りに)オルス 270プレート ダークグレー ¥4,180(スタジオエム)、フラット ラウンドプレート 23㎝ 赤土 ベージュ ¥2,400(イーストテーブル)、チェルキオ 8寸皿 アイスブルー ¥3,850(ソボカイ)、ぺイヴ 6寸皿 生成 ¥2,860(スタジオエム)※他は私物

教えてくれたのは?

森シェフ

インスタグラムのフォロワー数46万人超。和食店、イタリアンレストラン、ビストロで働いた経験を生かして「おうちで再現できるプロの味」を紹介するショート動画を配信し話題に! 3歳の男の子のパパ。
Instagram⇒@pasta.mori

Mart2022年秋号 大人も子どもも盛り上がる♪『今夜は「おうち居酒屋」オープン!』より

撮影/中林 香 レシピ考案・調理/森シェフ フードスタイリング/土肥愛子 取材・文/丹下紋香 編集/田島えり子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980