【業務スーパー】レンジで簡単! 冷凍「中華パン」はお店の味

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

饅頭と花巻

海外から直輸入の商品が多く、気軽に世界の味を楽しめる業務スーパー。もちろん冷凍食品コーナーにも、いろいろな国の商品が並んでいます。今回は、中華料理に合わせたい中華小麦パンを2種類ご紹介します。

好みの具をはさんで! 中華小麦パン饅頭

饅頭

中華小麦パン饅頭 ¥321

まずは、「饅頭」と書いて「マントウ」と読む中華パン。パッケージに書いてある通り、もっちりふわふわ食感で、手のひらサイズのものが6個入りです。肉まんの具材が入っていないものと言えば分かりやすいと思いますが、主に中国北部で主食として食べられているそう。

饅頭の蒸す前

電子レンジ調理の場合は、凍ったままの饅頭を水にさっとくぐらせ、耐熱皿に移してラップをかけて、1個あたり約1分加熱します。蒸し器で調理する場合は、凍ったままの饅頭を蒸し器に入れてフタをし、約10分蒸せば出来上がり。

饅頭の蒸し上がり

蒸すとふっくらした感じになり、ほんのり甘いので、そのまま食べてもおいしいです。麻婆豆腐や青椒肉絲など、中華料理の時に添えたらテーブルが映えますね。

角煮をはさんだ饅頭

やはりおすすめは中華の具材をはさむこと! 我が家では、中華風の角煮をサンドするのが定番です。しっかりとした味付けと肉の脂を饅頭が優しく包んでくれ、本格的なビジュアルも◎。

凝った形がかわいらしい! 中華小麦パン花巻

花巻

中華小麦パン花巻 ¥321

饅頭と同じような味わいの花巻。こちらは渦巻き状の丸い形をしていて、より華やかな見た目です。同じく6個入り。

花巻の調理前

調理方法は、饅頭とほぼ同じ。電子レンジ調理の場合は、凍ったままの花巻を水にさっとくぐらせ、耐熱皿に移してラップをかけて、1個あたり約1分半加熱します。蒸し器で調理する場合は、凍ったままの花巻を蒸し器に入れてフタをし、約10分蒸せば出来上がりです。

花巻揚げあがり

基本的にはそのまま食べたり、何かを挟んでいただきます。また、揚げて食べる方法もあるそうなので、170~180℃の油で全体がきつね色になるまで揚げてみることに。

揚げた花巻カットしたもの

外側はカリッと、内側はふわふわで、両方の食感が感じられます。一つが大きいので、かなりの満足感!

砂糖をまぶした花巻

中国では練乳を付けて食べるのが一般的だそうですが、今回はグラニュー糖をまぶしていただきました。大きなドーナツという感じで、迫力とボリュームが満点! ちょっとカロリーが気になりますが、インパクトのあるおやつをつくりたいときにいかがでしょうか。

※揚げる方法は、筆者個人が試した食べ方・調理法です。

今回は、小麦中華パン2種類をお届けしました。今回は蒸したり揚げたりしましたが、電子レンジ調理ができるのも、手軽で嬉しいですよね。ほんのり甘くてシンプルな味わいは食事と合わせやすいので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

※商品は取材時の販売価格です。
※店舗や時期によって在庫状況は異なります。また価格変更や販売終了などになることがありますのでご了承ください。

【商品に関するお問い合わせ】
業務スーパー お客様相談室 0120-808-348
https://www.gyomusuper.jp/

撮影・文/澁谷真里

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980