料理好きが愛用!素材を活かす基本調味料「さ・し・す・せ・そ」を公開【Mart WEEKENDER mizuho】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

こんにちは!Mart WEEKENDERのmizuhoです。
秋の味覚が美味しい季節になり日々食欲が増しています。笑

さて今月は、私がリピート愛用中!
料理の基本調味料である『さ・し・す・せ・そ』についてお話したいと思います。
料理って素材そのものの美味しさで味が変わるのはもちろんですが、
調味料によって、素材の味をより深めたり、逆に素材の味を落とすことも…。
そこで私は素材の味がいきる調味料を選ぶようにしています。
料理好きということもあり、これまでも色々なものを試してきたので調味料チョイスには結構自信あり。笑
そんな私のお気に入りを紹介させていただきます!

『さ(さとう)』…大東製糖 素焚糖


奄美諸島産さとうきび100%の素焚糖。
グラニュー糖などの精製糖は、なめると“とがった”甘味を感じますが、素焚糖は丸みがあり、とてもやさしい甘さです。
お菓子作りにはもちろんのこと、風味がやわらかいので上白糖や三温糖と同じように使えます!
繊細な和食にも、食材本来の味を損なわず使うことができます。

『し(塩)』…沖縄海塩研究所 粟国の塩

粟國の塩は、さんご礁が広がるエメラルド色の海からくみ上げた海水を風と太陽熱で10日間、昼夜休みなく蒸発させ、さらに平釜で30時間薪を燃やし煮詰めた後、脱水・乾燥に2週間、約1ヵ月かけてできる海の結晶です。
ガツンとこない塩気がすごく美味しく、シンプルだからこそ塩の旨味が引き立っています。
特におにぎりにするとお米の甘みや旨みが引き立つのがすごく分かります!

『す(酢)』…飯尾醸造 純米富士酢


原材料は京都・丹後の山里農薬を使わずに育てた米と山から湧き出た伏流水のみ!
ただそれだけを原料に造った純米酢です。
「純米富士酢」の深いコクと味わいの秘密は、酢1リットルにつき200gというたっぷりの米の量にあります。たっぷりのお米を原料にしているため、うまみが強く濃厚な味わいが特長!お料理に深みとコクを加えてくれます。
特に、このお酢で作るピクルスは絶品です♩

我が家の定番人気!ピクルス。

 

『せ(醤油)』…井上醬油店 井上古式じょうゆ

原材料の大豆、小麦は国内産。その大豆・小麦・食塩のみで作られたシンプルなお醤油。
一般的な濃口醬油と比べ、大豆の量は2割増しで風味とコクが強く、でもまろやかで角がない。ほかのを試してもやっぱりこれに戻ってきてしまう、そんな大好きなお醤油です。

『そ(味噌)』…フンドーキン 無添加あわせみそ

米・大豆・大麦で仕込んだ、甘口でまろやかな”あわせみそ”です。
塩気はしっかりあるものの甘さが強いのでお味噌汁はもちろん、味噌ダレや味噌マヨ、炒め物等にも最適で、この味噌のおかげで料理の幅も広がっています!

『番外編』料理に使う主な油はコレ!三和油脂 まいにちの米油

自然の恵みをいっぱいに受けて育った玄米のぬか層から生まれた植物油。
油特有のクセが全くなく、あっさりしていて油っぽくないのが魅力!お菓子作りでも素材の味を邪魔しないですし、天ぷらなど揚げ物もカラッと揚がり胃もたれせずに食べれます♩また、軽くてサラッとしているので、ドレッシングにもオススメです。


野菜の味を引き立ててくれる油。

以上が私のお気に入りの基本調味料です。
参考にしていただけると嬉しいです!

mizuhoさんのプロフィールはこちら

 

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980