• TOP
  • スポット
  • トラベル・レジャー
  • 東京ディズニーシー新テーマポート「ファンタジースプリングス」!家族で行ってきた!☆ピーターパンのネバーランド編☆

東京ディズニーシー新テーマポート「ファンタジースプリングス」!家族で行ってきた!☆ピーターパンのネバーランド編☆

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

魔法の泉

今Mart読者さんの間でも話題持ち切りなのが、6月6日にオープンする東京ディズニーシーの8番目のテーマポート「ファンタジースプリングス」。
東京ディズニーシーのアラビアンコーストとロストリバーデルタの奥に作られたテーマポートです。
ディズニー映画「ピーター・パン」「塔の上のラプンツェル」「アナと雪の女王」をテーマにした3つのエリアと、「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」で構成された夢の中に舞い込んだような新テーマポート。
ディズニー大好き家族の門脇ともみさん(31歳)、浩憲さん(44歳)、あやと君(6歳)、りおん君(3歳)が体験してきた様子をご紹介します。

まずは子供たちも大好きなピーターパンの世界が広がる「ビーターパンのネバーランド」へ。

カチューシャ¥2,200、キャップ各¥3,700、Tシャツ¥4,300(ともみさん)¥4,300(浩憲さん)各¥2,800、ショルダーバッグ¥2,900、ぬいぐるみチャームセット各¥2,800

アトラクションは2つ!まずは小さい子供も楽しめる「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」へ♪


ドクロ岩や海賊船がリアルに再現されていて子供たちも大喜びのエリア。
このエリアには2つのアトラクションとレストランがありました。
最初に向かったのは小さい子供も楽しめるという「フェアリー・ティンカーベルのビジーバギー」です。

鳥かご
入り口を入るとなんだか回りのものが大きい!そうです。ここは妖精の谷「ピクシー・ホロウ」、ゲストたちも小さくなって妖精の世界に入り込むのです。

このアトラクションは妖精の谷で荷物を運ぶティンカーベルのお手伝いをゲストも一緒に!というもの。待機列には荷物の運び方が葉っぱに書いてありました。

乗り場はティンカーベルが運ぶ荷物の配送センター、4人乗りのバギーに乗り込みます。

ひまわり

最初に目に飛び込んできたのは大きなひまわり!収穫された種も大きい!

虫

「葉っぱも大きいね!」とりおん君、「子供たちにとっては不思議な世界のようでした」(浩憲さん)。

チーズ

「妖精の谷の四季を巡ってバギーもクルクル回ったり氷の上をすべるように走ったりかわいくって楽しいアトラクションです」(ともみさん)。

ロストキッズの一員となって冒険の旅へ!「ピーターパンのネバーランドアドベンチャー」

アドベンチャー入り口
壮大な冒険の旅を体験できるアトラクション「ピーターパンのネバーランドアドベンチャー」!
アトラクション名は難破した海賊船のマストを使って作られたものに書かれていてここからすでにワクワクです。
次男のりおん君も張り切っていたのですが・・・。
身長計る
このアトラクションン、身長制限があり102cm以上でないと乗れないことが判明。
「りおんはまだ身長が足りずで乗れなかったのですが、キャストさんからまた冒険に来てね!の言葉に頑張る!って張り切っていました」(ともみさん)。

どくろ雲

待ち列はたくさんの隠れ家やロストキッズが遊んだ形跡があって、待ち列でも飽きずに楽しめます。雲がいろいろな形に変わる空も。

隠れミッキー

隠れミッキーもいっぱいありましたよ。

ゴーグル

ゴーグルをかけて12人乗りのボートに乗り込み出発です。

フックと戦う

空を飛ぶボートは海賊船でフック船長と戦います。「本当に空を飛んでいるみたいで楽しかった!」(あやと君)。

お腹もすいたのでロストキッズたちの隠れ家をイメージした「ルックアウト・クックアウト」で休憩を

ルックアウト外観
約200席あるカウンターサービスのレストラン「ルックアウト・クックアウト」。
門脇家
「小腹がすいた時にぴったりのスナック系のかわいいメニューがありました」(ともみさん)

チキンテンダー、ポップオーバー、海藻フリッター、バナナチップス、シュリンプチップスがザクッと入ったロストキッズスナックボックス(バターカレーチキン又はレモンティーチキン)各¥900。「子供たちはレモンティーチキンが美味しい!と取り合いになって食べていました(笑)」(ともみさん)。

スイーツ

濃厚なチョコレート味のルックアウトブラウニー¥600、トッピングされた星をかき混ぜるとかわいいピクシーダストが現れるピクシーダストソーダ(キウイ)¥750、プラス¥650でスーベニアカップも付けられるライムゼリー&ヨーグルトムース¥550

海賊船やドクロ岩も楽しいフォトスポット!

海賊船
アトラクションで楽しむ以外にも子供たちが大喜びのスポットも。
フック船長の海賊船やドクロ岩には自由に入れるので是非いっぱい思い出の写真を撮ってみてくださいね。

「このエリアだけでも一日いられそうなくらい楽しかったです」(ともみさん)。

 

撮影/麻岡高明 取材/西岡直美 ⓒDisney

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart春号】
    2024年3月28日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart春号】
    2024年3月28日発売
    ¥980