• TOP
  • スポット
  • グルメ
  • 【リラックマファン必見】リラックマが徳川家康公に扮したコース料理で歴史と食を満喫!

【リラックマファン必見】リラックマが徳川家康公に扮したコース料理で歴史と食を満喫!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

リラックマディナーメニュー全商品。

ぽやんとした表情やポーズで老若男女問わず愛されるキャラクター「リラックマ」、実は東京千代田区の観光協会観光大使だということをご存じですか?日々立派な活動をしているリラックマが、千代田区にある日本茶レストラン「レストラン1899お茶の水」とコラボ!リラックマの世界に浸れるディナーメニューが登場したということで、早速試食に行ってきました。

リラックマやその仲間たちが集うディナーメニューの全貌はこちら!

お食事はスープ、7種の料理盛り合わせ、キーマカレーの3品。

お食事はスープ、7種の料理盛り合わせ、キーマカレーの3品。通常は、この順番で運ばれます。

なんともかわいい!どのお皿もほっこり、食べるのがもったいないのですが、そこはしっかりいただきましょう。ひとつずつ、味やビジュアルのこだわりにもご注目。

なぜリラックマが徳川家康風に?
2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」で注目の徳川家康公ゆかりのスポットが東京千代田区に数多くあることから、千代田区観光協会観光大使を務めるリラックマが家康風に変身しています。そんな家康風リラックマと千代田区にあるレストラン1899お茶の水がコラボをした特別な機会なのです。

キイロイトリのスープ。トリの顔をチーズや海藻で表現。

キイロイトリのカボチャスープ、黄色は旬のカボチャで表現。くちばしはチーズでアレンジ。カボチャの甘さを活かしたとろみのあるスープ。

スープ皿の寄り。お皿のフチに、カボチャが乗せてある。

松の形にくり抜かれたカボチャもホクホク!スープと一緒にいただきます。

肉や魚の盛り合わせプレート。ここにも、リラックマなどキャラクターのくり抜き食材がある。

リラックマたちのメインプレートは、7種類のお食事が少しずつ盛り付けられている贅沢なプレート。キイロイトリは厚焼き玉子、リラックマはほうじ茶を混ぜたマッシュポテトでつくられています。その他、ソーセージには紅茶の茶葉が練り込まれていたり、ローストビーフには煎茶が使われ、お造りには茶しょう油を合わせるというお茶とのマリアージュが楽しめます。

天ぷらの串は、リラックマ、コリラックマがイラストで持っている刀と同じ柄に!細部までコラボのこだわりが。抹茶塩でいただきます。

リラックマの形をしたご飯が盛られたカレー。トッピングはズッキーニといんげん。

リラックマの和出汁キーマカレーは、優雅にくつろぐリラックマが印象的!そのリラックマは、ほうじ茶で炊いたお米を使用。カレーはかつお節と昆布出汁をふんだんに使ったキーマカレーで、スパイシーの中に和の優しさを感じる味。ほんのりほうじ茶味のご飯との相性ピッタリ。

スイーツのプレート。いちご、ティラミス、モンブラン、プリンの4種盛り。

コリラックマのデザートはいちご、ほうじ茶モンブラン、ほうじ茶パフェ、プリンの4種類。コリラックマのミルクプリンの中にはあんこと抹茶おかきがサンドしてあり、抹茶の香りがミルクプリンとよく合います。

濃厚な味のほうじ茶モンブラン、中には巨峰1粒が入っていました。フレッシュな甘さとほうじ茶の渋みがマッチ!

2種類の家康風ラテと日本茶&モクテルはお茶専門店のこだわりが味わえる!

2種類から選べるラテ。1杯セットについています。

2種類から選べるラテ。1杯セットについています。

左は家康風コリラックマラテ。白玉ときなこを加えた和紅茶ラテは、徳川家康に所縁ある安倍川もちのような味わい。右は家康風リラックマラテ。白玉と黒蜜を入れ、お団子を食べているかのような、優しい甘さが口に広がります。使用している本山茶の香りとミルクが相性抜群!

抹茶コーラと和紅茶ホット。

ソフトドリンクは飲み放題!ハイティープランなので、お茶も堪能できます。写真は抹茶コーラと和紅茶ホット。

120分制(30分前ラストオーダー)の飲み放題は、抹茶コーラや和紅茶ソルティドッグなどのモクテル(ノンアルコールカクテル)から、ポットで提供される煎茶など、全7種類から選べます。この機会に、お茶の世界の奥深さを知るのもおもしろい!

店舗情報

店内の様子。

店内広々、ひとりでも入りやすい空間で、お茶一杯から、お食事まであらゆるシーンで楽しめるお店。気候の良い時期には、テラス席もオススメ。

お店外観。お店ロゴ。

ウッド調で落ち着きのある店内。お茶の魅力が存分に味わえるレストランです。

レストラン1899お茶の水
https://1899.jp/ochanomizu/

東京都千代田区神田駿河台3-4(ホテル龍名館お茶の水本店1F)
TEL:03-3251-1150
店内40席、屋外テラス32席

《今回紹介のメニュー》
「家康風リラックマ・ハイティープラン」¥7,500
2023年10月2日(月)~12月25日(月)までの期間限定提供、1日10食限定です。
※日曜日は、ディナータイムクローズです。ご注意ください。
《営業時間》
ランチ11:00~14:00、カフェ14:00~17:30、ディナー17:00~22:00※日曜・祝日のディナーは休業
※営業時間の変更の際は、HPにてお知らせいたします。

《アクセス》
JR御茶ノ水駅から徒歩3分、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅から徒歩1分


見た目はかわいくて癒され、食べるとお茶の魅力に引き込まれるメニューでした。ちょこちょこ食べられるメインプレートやスイーツ盛り合わせは大満足!キーマカレーは、お店で人気の茶飯を使っているので、ひと味違うカレーが楽しめました。
「どうする家康」巡りをして、最後に「レストラン1899お茶の水」というお出かけプランもいいですね!早速、土曜日夜は予約が埋まってきているとのこと、お早目の予約をオススメします。どうぞリラックマの世界に浸ってください。

取材・撮影・文/森岡陽子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号】
    2023日年9月28日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart秋号】
    2023日年9月28日発売
    ¥980