• TOP
  • 雑貨
  • キッチン
  • 【Seria】早く使えばよかった!「野菜ホルダー」で安全&エコにスライスできる調理グッズ

【Seria】早く使えばよかった!「野菜ホルダー」で安全&エコにスライスできる調理グッズ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

セリア「野菜ホルダー」で野菜をつかむ図

包丁を使うより簡単に切れるので頼りがちなスライサー。私もよく使うのですが、何度もスライサーで指を切っているからか、どこか苦手意識があるんですよね。で、以前からずっと気になっていたSeriaの便利グッズを今回お試ししてみたところ、もっと早く使えばよかったと後悔。その実力をさっそくレポートします!

小さな突起で野菜をガッチリつかむ!

セリア「野菜ホルダー」の写真

野菜ホルダー 約8.2×10cm ¥110

今回ご紹介するのは、スライサーを使うときに指先をガードしながらスライスできる「野菜ホルダー」という商品です。こちらの商品、ずっと気になっていたのですが、正直、使い勝手はどうなの?と思っていた私。しかし、最近スライサーで指を深く切ってしまった経験から「もうあの恐怖を味わいたくない!」と、Seriaに駆け込みました。

セリア「野菜ホルダー」の小さい突起の写真

野菜ホルダーの大きさは女性の手でも余裕でおさまるサイズ。よーく見ると、小さな突起がいくつもあり、野菜をしっかりつかんでくれる仕様になっています。ではさっそく使ってみます!

どこまでいける?!小さくなった人参をスライスしてみた

【1】ここまで小さくなった野菜はいつもなら捨てていた私。これを野菜ホルダーの突起部分に刺しながらつかみます。今回は野菜ホルダーの実力を調べるべくギリギリまでチャレンジしてみます!

【2】もはや自分との闘いです(笑)。スライサーに当てる面をずらしながらスライスしていきます。

【3】なんとここまでスライスできました。野菜ホルダーの実力、おそるべし!です。

すべりやすい山芋にも挑戦!

キッチンペーパーで山芋を持ちながらおろし器でおろす図

山芋などをすりおろして、だし汁と醤油を加えて作る「とろろ」。シンプルで優しい味わいが最高です。が、おろし器で山芋をすろうとすると、滑って滑って、不器用な私にはかなりハードルが高い作業。滑らないように、これまでは山芋をキッチンペーパーでくるみながら作業をしていました。でもやっぱり滑って怖い……。
というわけで、ここでも「野菜ホルダー」に頼ってみることに。

セリア「野菜ホルダー」で山芋をつかみながら、おろし器でおろす図

野菜ホルダーを使ってみたら、これが大正解!快適におろせることに驚きながら快調に作業を進めます。突起でしっかりつかめていることと、野菜ホルダーがトング型という持ちやすさも手伝って、安心しておろし作業をすることができました。

野菜ホルダーを使ってみたら、指が切れそうという恐怖感を感じなくなったのと同時に、ちょっとの工夫で野菜を使い切れることを実感しました。安全でエコにもつながるSeria「野菜ホルダー」は、わが家の調理グッズのスタメン入り決定です!

【お問い合わせ先】
Seria www.seria-group.com
*掲載商品は取材時点のものであり、現在お取り扱いしていない場合がございます。
取材・文/古賀 美津恵

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)