魚料理を手軽に!「気仙沼港町のパスタソース」はかけるだけ、温めるだけの簡単調理で大満足

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

気仙沼港町のパスタソースいわし×塩レモン

日頃の食生活の中で、意識しないとなかなか取り入れられないのが魚料理。パスタソースの中に魚がたっぷり入っている「気仙沼港町のパスタソース」を使えば、手軽に美味しく魚の栄養をとることができます。

気仙沼港町のパスタソース「いわし×塩レモン風」

気仙沼港町のパスタソース「いわし×塩レモン風」¥270 (税込)

気仙沼港町のパスタソース「いわし×塩レモン風」(120g)¥270 /阿部長商店

気仙沼港町のパスタソース「いわし×塩レモン風」をおすすめしてくれたのは、Mart TRIBE会員の関口さん。「北野エースで見つけてパッケージに惹かれて買ってみたら、想像以上に美味しくてリピートしています。子どもに食べさせる魚料理のバリエーションが増えたのがうれしい!」

気仙沼港町のパスタソースは、宮城県の水産会社・阿部長商店がつくるこだわりのレトルト食品。三陸産を中心とした国産の魚を100%使用しています。「いわし×塩レモン風」には三陸産の真いわしがゴロっと入り、レモンの酸味が爽やかなオイル仕立てのパスタソースに仕上がっています。

気仙沼港町のパスタソースシリーズ

気仙沼港町のパスタソース(左から)「さば×ガリバタ醤油風」「いわし×ペペロンチーノ風」「さば×ポモドーロ風」各¥270

シリーズで他にも3商品を展開。「子どもが肉好きだとなかなか魚を食べる機会がないけれど、さばやいわしなどEPAやDHAが豊富な青魚がパスタソースになっていることで、すごく手軽に栄養がとれます」(関口さん)

温めてパスタにかけるだけ

パスタソースをパスタにかける

調理済みのレトルトパウチなので、お湯で温めて好みのスパゲッティにかけるだけ。

いわし×塩レモン風パスタ

ソースにはひと口サイズのゴロっとしたいわしに、赤ピーマン、マッシュルーム、玉ねぎなどが入っています。にんにくは入っておらず、隠し味の魚醤が効いています。

「いわしが大きく食べ応えがあり、子どもはほぐしながら食べています。魚臭さやレトルトパウチ特有の匂いも感じません。魚のうまみを吸ったスープがたっぷりで、残ったらパンにつけて食べても美味しいですよ」(関口さん)

<アレンジ>こんな食べ方もおすすめ

サラダのドレッシング代わりに

サラダにパスタそースをかける

関口さんに、パスタソース以外のアレンジレシピも教えてもらいました。

「サラダには、温めずにそのままかけるだけで具沢山のドレッシングになります。スープが多いので油が固まりにくいのか、そのまま食べられて超手軽ですよ」

温めてアヒージョに

パスタソースをアヒージョに

パスタソースを温めてパンを添えて出せば、簡単アヒージョの完成です! 彩りにブロッコリーやプチトマトを加えるとさらに栄養価も上がります。

気仙沼港町のパスタソースを使った料理を食べるMart読者

「ごはんとも相性が良くて、チャーハンには汁気が多いからリゾットにするのもおすすめ。鍋にごはんと好みのパスタソース、シュレッドチーズを入れ温めれば即席リゾットになります」と、関口さん。

パスタにかけるのはもちろん、魚料理のバリエーションが広がる気仙沼港町のパスタソース。魚が苦手なお子さんがいる家庭こそ、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

【お問い合わせ先】
魚屋さんのおとりよせ通販サイト うまい!三陸 https://osakana-ichiba.net/

撮影/山下忠之 フードコーディネート/土肥愛子 取材・文/富田夏子 取材協力/阿部長商店

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980