【5分ヨガ】自律神経を整える③心身を一度ゆるめてからリフレッシュ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

心と体の活動モードとリラックスモードを切り替える、自律神経。梅雨時期は、自律神経のバランスを崩しやすく、夜寝つきが悪かったり、体がだるくてやる気が出なかったりしがちです。

2ポーズ続けて行うヨガで、朝から忙しく活動モード全開の心身をいったんリラックスモードに。さらに、1日の残りの時間を再び活動的に過ごすため、交感神経を刺激して心身をリフレッシュしてくれます!

体を丸めて心身を緩めてリラックスモードに!「真珠貝のポーズ」

体を脱力させて股関節を緩めることで、心身をリラックスさせ、同時に梅雨時期の血行不良も改善できるポーズ。朝から活動モードの心身を一度リラックスモードにして、休息のひとときをつくります。

真珠貝のポーズ

【1】両足裏を合わせて座り、かかとをお尻から遠ざけ、脚全体をひし形にする。

真珠貝のポーズ

【2】両手をふくらはぎの下からそれぞれ通す。

真珠貝のポーズ

【3】手のひらを足の横の床につく。

真珠貝のポーズ

【4】息を吸って、吐きながら上半身を倒して背中を丸め、頭を下げる。この姿勢で5呼吸キープする。

真珠貝のポーズ

【できる人は】手のひらを足の甲に当てて上半身をさらに倒し、5呼吸キープする。

【POINT】

  • 腰にハリや違和感がある場合は、かかとをお尻に近づけて行う。
  • 力みやすい肩や首の力を抜いて、ゆっくりと呼吸する。
  • 吐く息で背中や腰がゆるんでいく感覚を味わいながら行う。

心身をリフレッシュ!「かんぬきのポーズ」

胸を開いて息を深く吸うことで、交感神経を刺激して心身を目覚めさせてリフレッシュ。また、体側を伸ばすことで内臓の働きを活性化し、梅雨時期の消化不良や体の重だるさを改善します。

閂のポーズ

【1】膝立ちになり、右脚を横に伸ばす。つま先を前に向け、足裏全体を床につける。右手は腿の上におく。

閂のポーズ

【2】息を吸いながら左腕を天井方向に上げ、息を吐きながら上半身を右に倒す。

閂のポーズ

【3】右手は脚の上を足首方向に滑らせ、目線を天井方向に上げて5呼吸キープする。反対側も同様に行う。

閂のポーズ

【NG】上半身を横に倒した際に、骨盤の位置が横にずれるのはNG。膝を立てた脚は床と垂直にし、膝の上に腰骨があるようにして。

【POINT】

  • 【1】で膝立ちになったとき、脚を伸ばした方の腰が上がらないよう意識して、腰骨の高さをそろえる。
  • 【2】で右手に重心がかかる場合、吐く息でおへそを背骨に引き寄せて上半身の重さを支える。
  • 【3】で上半身が前方に倒れやすいので、左肩を後方に引いて、上半身を真横に倒す。

2ポーズ続けて見られる動画はこちら!

5分でできるので、忙しい日でも続けられるのがいいですね!1回の時間が短くても毎日続けていくことが効果的。ぜひ毎日のルーティンとして、5分ヨガを生活の一部に取り入れてみてください!

トップス・ボトムス:SUKALAホットヨガスタジオLAVA)

\教えてくれたのは/
LAVAトップインストラクター 小森悠さん
LAVA トップインストラクター
小森 悠(こもり はるか)さん
バレエやダンス・陸上等の経験を活かし、関東を中心に活躍。その丁寧な指導は、“カラダを変えるレッスン”と評され、ファンも多数。2016 年に初代トップインストラクターに就任。妊娠、出産を経て復職後、2022年にママとして再びトップインストラクターに。現在は、ヨガと手技を組み合わせた「セルフタイ古式」など、各地でレッスンを開催するほか、オンラインヨガサービスUCHIYOGA+も担当。
Instagram⇒@haruka.komori_yoga

ホットヨガスタジオLAVA https://yoga-lava.com/

撮影/公文一成(光文社写真室)

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980
    マガジン
    【Mart冬号】
    2023日年12月27日発売
    ¥980