Mart読者と一緒につくった!熊本県人吉市の新名物スイーツ【誕生秘話編】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

風水・祈りの浄化町「熊本県人吉市」が、観光を盛り上げるためにスイーツを開発。そのプロジェクトに、なんとMartの読者組織「Mart TRIBE」が大抜擢!人吉市の魅力って?どんな名産があるの?と意見交換会などを経て商品が完成しました。
オンラインによるウェビナーから投票、スイーツが誕生するまでを密着レポートします!

国宝に指定されている、青井阿蘇神社(人吉市・あおいあそじんじゃ)

【STEP1】まず、人吉市を身近に感じながら、新スイーツについて意見交換!

他にはない歴史や魅力を持ちながらも、全国的にメジャー、というわけではない人吉市。そこで、まず、Mart TRIBEの皆さんに人吉市を知ってもらうためのウェビナーを開催。また、アンケート調査ではコロナ以前、よく訪れていた旅行先や頻度、スイーツへの関心、趣味嗜好についてなど、幅広い意見を集める形となりました。

後日、そのアンケートを元に、様々な分野のプロとのオンライン会議を開催。スイーツの形状、味、包装やパッケージなどにも、人吉市の良さを出したいと最後までトコトンこだわりました。

Mart TRIBEの藤原靖子さん。オンラインでは、こんなお菓子があればいいなと思う率直な意見を伝えました。

【STEP2】パッケージはMart TRIBEの投票で決定!

ウェビナーやオンライン会議を通じて感じた人吉市の印象と、買う時の気持ち、そして家で食べるときのことを想像して意見を出し、それをもとに3つのデザイン案が登場。再びMart TRIBEの皆さんにアンケートを実施して、欲しくなるデザインを選んでもらいました。

最終パッケージの3案。どれも、人吉市に期待するキーワードの風水、三日月のエネルギーを感じるデザイン。

そして、圧倒的に多かったA案に決定!

A案を支持した読者の声は…

・黄色=月のイメージでわかりやすく、良いメッセージになると思いました。
・おみやげとしてもらった側も、今度人吉市に行ってみたいなと感じる様々なモチーフが魅力。
・黄色って縁起が良さそう!
・食べ終わっても箱を取っておきたくなる。
・高見えする!目上の人へのおみやげにしたい。

【STEP3】そしてついに商品が完成!

人吉・球磨 三日月抹茶クッキー(20枚入り)¥1,200

人吉市、そして隣接する球磨郡の史跡や名産品を、かわいらしいイラストとして散りばめたデザインは、実物として出来上がってくると、さらにかわいい!いくつか、イラストのもとになったものをご紹介します。

まずこちらは三日月。

中央部に三日月紋様のある、人吉市指定文化財の三日月石。約900年前に出土し、それから霊石と崇めるようになって三日月城と呼ばれるように。

こちらはお茶の葉。

茶畑(球磨郡相良村)は、今回使用している抹茶の生産地。熊本県唯一の本格抹茶・球磨禅心抹茶で、川辺川のほとりに広がります。

人吉市のシンボル、きじ馬。

人吉・球磨の郷土玩具で木製の二輪車。最近は、きじ馬をモチーフに作られた「ヒットくん」というキャラクターも登場して住民だけでなく、観光客も親しみやすく、明るい街づくりに貢献しています。

そして三日月城(人吉城址/人吉市)。

国指定史跡・日本名城100選選出、風水思想に基づき巨大な結界を設けて、気を三日月城に集めるという風水都市・人吉の印象を深くしたお城。

そして中身は三日月型の抹茶クッキー♡


人吉市のシンボルとも言える三日月を、クッキーで素敵に表現!名産の抹茶と組み合わせて、人吉市でしか味わえないスイーツができました。

ママの希望として多かったのが「個包装」。ちょっとしたプレゼントや、コロナ禍で開けっぱなしのお菓子が気になる、保存が大変、など問題を一気に解決できるパッケージを採用することで、家族みんながストレスなく食べられるように!

20枚入りで個包装なのがうれしい。ここにも、三日月と三日月城跡記号が入っています。

現在、販売しているお店は熊本県人吉市のおみやげ屋さんに限りますが、今後、オンライン購入も可能に!
熊本県人吉市のことが知りたくなったらこちらをご覧ください。
https://hitoyoshifusui.com/

気になるスイーツの味や、Mart TRIBEによる試食会の様子は、【いよいよお披露目編】でチェックしてください。

撮影/平林直己 取材・文/森岡陽子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)