• TOP
  • スポット
  • グルメ
  • 【ミニストップ】え?ベトナム?待望のチョコソフト登場!でも今年はひと味違います

【ミニストップ】え?ベトナム?待望のチョコソフト登場!でも今年はひと味違います

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ミニストップの「ベトナムカカオチョコソフト」と「ミックス」

「ミニストップ」といえばソフトクリームは欠かせません。レギュラーのバニラソフトの美味しさは言うまでもありませんが、期間限定で登場するソフトも毎回大人気。中でも毎回登場のたび話題になるのが「ベルギーチョコソフト」。ですが、今年は「ベトナムカカオチョコソフト」になって登場しました!

カカオの収穫後60日以内にチョコレートに加工

ミニストップでこれまで発売されたいた「ベルギーチョコソフト」

過去販売していた「ベルギーチョコソフト」※現在は販売していません

「ミニストップ」の代名詞的なスイーツといえばソフトクリーム。定番のバニラはもちろんですが、かなりの人気を博していたのが「ベルギーチョコソフト」。2002年に初登場し、ベルギーチョコレートを原料に練り込んだ、本格派チョコレートソフトクリームとして話題となりました。そこから毎年進化を続け、ブラッシュアップされてきた、いわばもうひとつの定番だった商品です。

ミニストップで11月4日(金)から登場した「ベトナムカカオチョコソフト」

昨年20周年を迎えた「ベルギーチョコソフト」でしたが、今年は「ベトナムカカオチョコソフト」(¥291.60)が登場しました。すでに多くのファンがいた商品だっただけに、これにはびっくり。ただ、食べてみるとミニストップのソフトクリームファンも、チョコレートファンも納得の味!

ミニストップの「ベトナムカカオチョコソフト」はベトナムのカカオ豆を使用

まずは「ベルギーチョコ」ではなく「ベトナムカカオチョコ」になっていることに注目!そう、ベトナムはカカオの産地。使用されているのはベトナムのカカオでつくられたチョコレートです。ベトナムのカカオは国際カカオ機関により、2016年、アジアで2カ国目となるファイン・フレーバー・カカオに認定。上質なカカオの産地でもあります。

ミニストップの「ベトナムカカオチョコソフト」に使われる「60DAY」チョコレートS」

そして、今回使用しているチョコレートは、カカオ収穫後60日以内にチョコレートに加工することで、今まで味わえなかったフレッシュなカカオアロマが味わえる「60DAYS」チョコレートというもの。通常は収穫から発酵、乾燥までに2週間程度、貯蔵され、そこから世界各地へ輸送後、チョコレートに加工されます。貯蔵期間は半年~2年ほどといわれています。

それに対して「60DAYS」チョコレートは、ベトナムで収穫から発酵、乾燥、カカオ・チョコレートに加工するまで一貫して行っています。乾燥後の一時保管が20日程度、その後すぐにチョコレートに加工されるため、華やかな香りとフレッシュさを感じられる、とても価値のある特別なチョコレートです。今回登場したソフトクリームはこの「60DAYS」チョコレートを使っているんです。

ミニストップの「ベトナムカカオチョコソフト」

まず、チョコレートの違いを感じるなら、「ベトナムカカオチョコソフト」がおすすめ。カカオの風味と程よいビター感がシンプルに味わえます。チョコレートの美味しさをソフトクリームで感じられるのはなかなかないこと。しかもこの価格!リーズナブルなのがまたうれしいですよね。

ミニストップの「ミックス」

カカオの風味がしっかりしているので、「ミニストップ」のバニラソフトとの相性も抜群。ということで、「ミックス」(¥291.60)で楽しむのもおすすめ。バニラとチョコがお互いの美味しさを引き立てていて、このコンビネーションは「ミニストップ」だからこそ楽しめる味です。それぞれコーンとカップがありますが、たっぷり食べられる「得盛ソフト」(¥399.60)もあるので、存分に堪能するのもアリ。

ミニストップの「プレミアムショコラソフト」

さらに、チョコモンブランソースと、糖がけアーモンドをトッピングした「プレミアムショコラソフト」(¥399.60)も登場しています。苦すぎないビター感が味わえる「ベトナムカカオソフト」に程よい甘いチョコソースとアーモンドの食感がマッチして、デザート感のある一品。

ミニストップの「プレミアムショコラソフト」をすくったところ

ワッフルコーンと一緒に食べ進めるとパフェを食べているような満足感があり、ご褒美スイーツとしてもおすすめです。香り高いチョコ感とほのかな酸味をもつ「ベトナムカカオソフト」だから、食べ飽きません。「ベトナムカカオソフト」、「ミックス」、「ベトナムカカオソフト」とそれぞれ美味しさが異なるりますが、どれも、これまで「ベルギーチョコソフト」を食べてきたい人にもぜひ食べて欲しいチョコソフトです。

ミニストップ全店でベトナムフェア開催中

ミニストップでベトナムフェア開催中

 

今回のチョコソフトの発売前の11月1日(火)から、「ミニストップ」では「食べる観光 ベトナムフェア」を開催中。ソフトクリームだけでなく、スイーツ、お弁当、総菜などでもフェア商品が発売になっています。

ミニストップの「ソフトクリームみたいなクッキーシュー ベトナムカカオチョコ」

「ベトナムカカオソフト」を想起させる「ソフトクリームみたいなクッキーシュー ベトナムカカオチョコ」(¥226.80)は、「ミニストップ」のコーンを表現したシュー生地にベトナムカカオチョコソフトの原料を使用したクリームを詰めています。「ベトナムカカオソフト」をスイーツにしたような一品です。

ミニストップの「ベトナムカカオチョコプリン」

「ベトナムカカオソフト」と同じ「60DAYS」チョコレートを使っているのが「ベトナムカカオチョコプリン」(¥248.40)。「60DAYS」チョコレートならではのフルーティーで芳醇なカカオの香りのチョコプリン。北海道純正クリームを使用したソースをトッピングしていてこの組み合わせにハマります。

ミニストップの「ベトナムコーヒーゼリー」

ベトナムコーヒーを使ったスイーツもあります。「ベトナムコーヒーゼリー」(¥237.60)はベトナムコーヒーを使用したほろ苦いゼリーに濃厚で甘い練乳ムース、練乳クリーム、練乳カスタードソースを合わせています。そう、コーヒー&練乳のベトナムコーヒーをスイーツで表現。食べるベトナムコーヒーという感じです。

ミニストップの「ショコラケーキデニッシュ」

ほかにもパン売り場には「しっとりロールケーキ(ベトナム産コーヒー使用)」(¥151.20)や「ショコラケーキデニッシュ」(¥156.60)、飲料売場では「60DAYS」チョコレートを使用した「のむチョコプリン」(¥257.04)や、ベトナムコーヒー100%使用の「練乳ミルクコーヒー」(¥192.24)が登場しています。

ミニストップのベトナムフェアで販売するスイーツ

チョコレートの美味しさとベトナムの魅力を堪能できるこのフェア。「ベトナムカカオチョコソフト」だけでなく、いろいろなベトナムスイーツ・フード・ドリンクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ/ミニストップお客さまサービスコールセンター0120-865-132
9:00~17:30(月~金曜日)
公式HP:https://www.ministop.co.jp/

取材・文/岡部礼子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)