【業務スーパー】で発見!「子ども食堂」への寄付に繋がるエコバッグとは

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

レジ袋が有料化になって早一年。様々な種類のエコバッグを見かけるようになりました。皆さんおなじみの業務スーパーでもエコバッグを販売しているのを皆さんご存じでしょうか。しかも、このエコバッグの売上の一部が「子ども食堂」への寄付につながっているんです。今回はエコバッグの使い勝手と業務スーパーの社会貢献活動への取り組みをご紹介します。

軽くて持ち運びに便利

このエコバッグ、なんと¥104(税込)で買えちゃいます!100円ショップより安いなんて、さすが業務スーパー!

エコバッグのサイズは縦約44㎝×横約44㎝、素材はポリエステルでできているのでとても軽く、持ち手も肩にかけられる丁度いい長さ。

カラーバリエーションは水色のみで、絵柄は業務スーパーと子ども食堂に関するイラストがデザインされています。業務スーパーで売っているオリジナル商品のイラストが描いてあるのもかわいい!

マチはありませんが、普段使い用に十分な大きさです。

コンパクトに収納可能!

折りたたんで付属の収納袋に入れれば、あっという間に手のひらサイズに。

手軽に持ち運び可能で、収納袋にはフックも付いているのでカバンなどに装着すれば取り出しもスムーズ!

「子ども食堂」への寄付と業務スーパーの取り組み

こちらのエコバッグを購入すると「子ども食堂」への寄付につながるという取り組みを業務スーパーでは行っています。「子ども食堂」とは、子どもが一人でも安心して行くことができる無料または低額の食堂のことです。「子ども食堂」では食事の提供から、孤食の解消、食育活動や地域交流の拠点づくりなど、様々な活動を行っています。


業務スーパーでこちらのエコバッグを購入すると、1枚につき7.5円が全国の「子ども食堂」の支援のために寄付されます。この寄付金は子どもたちに配布されるお弁当の食材の購入費などに役立てて行かれる予定で、子どもたちの健やかな成長を消費者と共に応援していこうという「食」を通じた社会貢献活動の一環です。

エコバッグを利用することでプラスチックごみの削減だけではなく、子どもたちの安全・安心な食事や地域づくりなどに役立てられているこの取り組み。購入して地域コミュニティーの活性化や、子どもたちの健やかな成長の実現に貢献してみませんか。

※価格は全て税込です。
※商品は取材時の販売価格です。
※店舗や時期によって在庫状況は異なります。また価格変更や販売終了などになることがありますのでご了承ください。

取材・文/黒川 夢未

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2021年10月号
    2021年8月27日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    特別定価680円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2021年10月号
    2021年8月27日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    特別定価680円(税込)