Food・Recipe フード・レシピ / Ingredient 食品・食材

新感覚「CANOBLE」の食べるバター!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE


新しいスタイルのバターが話題になっています。その名も“食べるバター”。バターはもともと食べるものですが、通常は料理に使うもの。こちらのバターは“そのまま食べる”バターなんです。実はヨーロッパではおいしいバターを冷たいまま食べるという楽しみ方が浸透しているそう。そこで誕生したのが、国産の発酵バターを使用し、ナッツやドライフルーツを練り込んだフレーバーバター。フランスでは「ブール・アロマティゼ」と呼ばれて親しまれています。

種類豊富なドライフルーツたっぷりのマンゴー味

『マンゴー』¥640はマンゴーペーストを練り込んだ発酵バターにストロベリー、パパイヤ、マンゴー、キウイ、パイナップル、メロンのドライフルーツを合わせて、ゲランド産の粗塩で仕上げています。バターなのに具がたっぷり入っていて、具材の食感も楽しめるのが特徴。砂糖不使用で、甘味はドライフルーツによるもの。一般的な有塩バターの半分以下の塩で仕上げられているので、ほんのりした塩味が発酵バターのミルク風味やフィリングの味を引き立ててくれます。

バターを食べるためにパンに塗る新しい発想

『フランボワーズ』¥640は、ストロベリー、パパイヤ、マンゴー、キウイ、パイナップル、メロンを合わせたスイーツのような味わい。そのまま食べるのがおすすめですが、最初はパンにたっぷり塗ってみるのもいいですね。ほかにも、『ストロベリー』『バニラ』『ピスタチオ』など種類も豊富。パンを食べるためにバターを塗るのではなく、バターを食べるためにパンに塗るというイメージで、たっぷりつけて味わってみて。もちろん、そのままでもぜひ。

【商品のお問い合わせ先】
ナショナルデパート 
https://depa.jp/

撮影/中村彩子 取材・文/岡部礼子 構成/櫻井奈央子(Mart編集部)

【この記事もおすすめ!】
バターの香りが食欲をそそる! AKOMEYA TOKYO「のせのせ」シリーズ
https://mart-magazine.com/local/19274

「グランドフードホール」の人気食材はできたてのピーナッツバター!
https://mart-magazine.com/gourmet/15773

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2020年1月号発売!  特集「 忙しい日の晩ごはん」裏テクニック
    2019年11月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2020年1月号発売!  特集「 忙しい日の晩ごはん」裏テクニック
    2019年11月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)