記憶力の低下が気になったら「脳トレ」で予防!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「あれ? また思い出せない……」ということが、最近増えていませんか? このままだと認知症になるのではと怯える不安は、今からしっかり予防して取り除いていきましょう。

教えてくれたのは
医療法人社団康梓会
Y’sサイエンスクリニック
統括院長日比野佐和子先生

医学博士・日本抗加齢医学会専門医(アンチエイジングドクター)。脳のアンチエイジングにも積極的で、著書で脳活などを推奨している。

「なってから」ではなく今できることから
「年齢を重ねると、記憶力の低下が気になる人も多いのではないでしょうか? 昔のことは覚えているのに、最近のことが思い出せないということはよくあると思いますが、記憶力と認知症はイコールではありません。しかし記憶力が低下してきたら、認知症に対しても注意が必要です。人の名前やいつも使っている物の名前が思い出せなくなったら、意識的に気をつけるようにしましょう。なってからではなく、今から予防につながることを始めることが大切。また第2の脳と呼ばれる腸内環境を整えることも、認知症予防の一つです。脳トレなども効果的ですが、それだけでは予防にはなりません。ベースとなる生活をしっかりと整えたうえで、行いましょう」

毎日の生活でできる記憶力低下予防法

手先をよく使う

料理をつくる、文字を書く、裁縫をするなど、普段から手先をよく動かすことは記憶力キープに効果的。

食生活
脳内ホルモンの減少は認知症につながるため、オメガ3が豊富な魚介や、フルーツからビタミンをとりましょう。

笑う
笑うことは認知症予防だけでなく免疫力UPにも。ストレスは記憶力低下を招くので、笑顔でいることが大事。

こんなことも認知症予防につながります
気分を上げて楽しい生活を送ることも予防につながります。今から生活に取り入れられる行動はたくさんあるので、実践してみましょう。

生きがいを持つ

好きなアイドルを追いかける、趣味を持つなど夢中になれるものがあると、幸せホルモンが増えて認知症予防に。

赤ワインを飲む

酸化ストレスは認知症の大敵! 抗酸化力のあるレスベラトロールを含む赤ワインで、酸化ストレスを撃退すると予防に。楽しい気分で飲みましょう。

脳の働きを活性化させる「脳トレ」にチャレンジ!

鏡に映った時間は?
《やり方》
下の時計は鏡に映ったときのように反転しています。針が何時何分を指しているか考えましょう。

《ポイント》
目で見た情報を脳が処理することで「見る」行為が成り立ちます。これは見た情報を処理する脳の働きを活性化します。

(答え)
左から、10時44分  3時50分 4時50分

数字探し
《やり方》
バラバラに散らばった数字を目だけを動かして1から20まで順番に探しましょう。

《ポイント》
目をしっかり動かすことで、脳の活性化だけでなく、目の筋肉も鍛えられます。うまくできたら20から数字を追いましょう。

Mart4月号別冊付録 「カラダの不調」解決マニュアル より

撮影/志波真寿介 イラスト/まるはま 取材・文/酒井明子 構成/上原奈緒

【この記事もおすすめ】
専門医が提案 「目トレ」でアンチエイジング!
医師がすすめる「免疫力アップ食材」を摂ってコロナウイルスに備える!

 

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2021年10月号
    2021年8月27日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    特別定価680円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2021年10月号
    2021年8月27日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    特別定価680円(税込)