Spot スポット / Gourmet グルメ

まるでブーケのような美しさ! グラスヌードルの“食べる花束”

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE


最近、よく目にする“ヴィーガンフード”など、ヘルシーな料理はもはや特別なものではなく、日常の選択肢の一つになりつつあります。食事をすべて植物性にするのではなく、美容や健康のために、たまに食べるという人が多いのでは?

そんな中、新しくヘルシーフードのお店がオープンしました。

旬の野菜とエディブルフラワーの“ブーケ”

東京・渋谷の「渋谷マルイ」の1Fにオープンしたのは、「マイラーメン グラスヌードル ショップ」。 “ギルトフリーのラーメン”専門店なのですが、注目なのはそのビジュアル。「これ、本当に食べていいの?」と思ってしまうほどの美しさ!


使われているのは、新鮮な旬の野菜と彩り鮮やかなエディブルフラワー。これを麺の上に花束のようにトッピングしています。そのまま食べても野菜そのものの美味しさが感じられますが、スープや麺と一緒に食べるのがおすすめ。

気になる麺は“グラスヌードル”というもので、モチモチした食感とツルッとしたのどごしが特徴。感覚としては、チャプチェなどに使う韓国春雨に近い感じ。スープがしっかりと麺に染みていて、スルスルと食べられます。野菜の食感もプラスされて満足感も十分。

「麺や七彩」の店主が監修


麺に合わせ、スープも動物性エキスやアルコールなどは不使用。それでも、しっかり旨味が感じられます。実は、こちらの麺、ミシュラン・ビブグルマン掲載のラーメン店「麺や七彩」の店主・阪田博昭氏が監修しているんです。


2年間の開発期間を経て生まれた麺は、市販のインスタントラーメンに比べてカロリーは約半分。麺の種類は小麦を使用したノンフライのオリジナル麺と、イモの澱粉から製麺したグルテンフリーのグラスヌードルの2種類あり、スープはしお、しょうゆ、みその3種類(スープの一部の具材に少量の小麦が含まれます)から選べます。


阪田氏によれば、「グラスヌードルは新ジャンル。米麺を使用せず、純国産のでんぷん麺を選んだのは、その圧倒的美味しさにあります。ストレスフリーで罪悪感のない食事を思いっきり楽しめるようにとブーケに願いを込めました」とのこと。ヘルシーに食べられるのがうれしいですね。

袋麺もあるのでおうちでヘルシー麺が食べられます!


お店で使用しているオリジナル麺とグラスヌードルは販売もしているので、自宅でも気軽に楽しめます。テイクアウトの商品パッケージは、世界中で人気を集めるイラストレーター・花井祐介氏が手掛けたユニークなテイスト。

自宅でも好きな野菜をトッピングしてオリジナル麺をつくってみても楽しいですね。夜遅い時間に夕食を取るときや、小腹が空いたときなどのためにストックしておくのもいいかも。


店舗で提供されるのは、メニューは野菜たっぷりの「ブーケ」(¥1,000)と「プレーン」(¥500)。カウンターと椅子があり、その場でサクッと食べるのもOK。グラスヌードルは麺が伸びないのでテイクアウトもできますが、野菜の食感を感じるためにも早めに食べるのがおすすめです。

トッピングの野菜は、その時の旬のものを盛りつけるので、日によって内容が変わります。どんな“ブーケ”が提供されるかも楽しみ。美しくて美味しい、ラーメンを体験してみてはいかがですか。

マイラーメン グラスヌードル ショップ
渋谷マルイ1F(東京都渋谷区神南1-22-6)
HP https://myramen.company/
EC販売 https://myramen.myshopify.com/

取材・文/岡部礼子

※表示の価格は税込です。


【ヘルシーフードのおすすめ記事】
大満足のギルトフリーなヴィーガンクッキー「VEGANS」
「ゼロミート ソーセージタイプ」に置き換えるだけでさっぱりヘルシー♪
植物性100%の新感覚ヘルシーピザ!「BEYOND PIZZA」って?

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2021年5月号
    2021年3月27日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価680円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2021年5月号
    2021年3月27日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価680円(税込)