• TOP
  • 雑貨
  • レジャー
  • 【Can★Do(キャンドゥ)のキャンプギア】おひとり様気分を味わえるミニ鉄板

【Can★Do(キャンドゥ)のキャンプギア】おひとり様気分を味わえるミニ鉄板

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

家族で行くキャンプ。どうしても子どもの希望などを優先しがちですが、家事に育児に仕事に頑張っているママが楽しめる時間も作れたら最高ですよね。ゆっくり好きなお酒を飲みながら、自分のペースでおいしいお肉を食べられたら…そんな希望をCan★Do(キャンドゥ)のミニサイズの鉄板で叶えてみてはいかがでしょうか。ミニサイズとはいえ、普通の鉄板と同様にお肉を焼ける優れもの。実際に使ってみました。

一人用にピッタリなミニ鉄板は専用ケースも

一人分の食材を焼くのにちょうどいいミニ鉄板と、ミニ鉄板を収納できる収納ケース。(左)アルコールバナーやバーベキューの網に乗せて使用できる鉄板。バーベキュー用ミニ鉄板(リフター付)W8.4×H13.2(リフターはW2.8×H10.8cm) ¥110(右)約W8.4×H13.2cmのミニ鉄板に対応。鉄板を新聞紙に包んだまま収納が可能。ミニ鉄板用収納ケース 約W15.3×H10.8cm ¥110

手帳サイズなので気軽に持ち運べます

ちょうど小さめの手帳サイズで手のひらに収まる程度の大きさ。鉄板というと重くて大きいイメージですが、これなら気軽に持ち運べて便利。ピッタリサイズのシンプルな専用ケースもセットで用意すればより便利。冷めた鉄板の汚れを落とし、食用油を両面に薄く塗ってから新聞紙に包んで収納します。

カラ焼きすれば準備完了

使用前には食器用洗剤をスポンジにつけてよく洗ったら、鉄板を火にかけて油を薄く塗ってカラ焼きをします。鉄板が冷めたらキッチンペーパーなどで表面に残った油や汚れを拭き取れば準備完了。この作業をすることで鉄板に油がなじんで食材がつきにくくなります。

リフターがついているので移動もラク

使い終わった後の鉄板を移動する作業はちょっと勇気がいりますが、こちらはリフターまで付属している優れもの。これならミトンなどがなくても安心。プチプライスでも使い勝手までしっかりと考えられている点には脱帽です。

ちょっといいお肉を自分だけで満喫!

ソロキャンプでも重宝するミニ鉄板ですが、たまのキャンプでは日頃頑張っている自分を甘やかしてあげてはいかがでしょうか。子どもが寝静まった後に星空を見ながら美味しいお肉とお酒を味わえば明日への活力が湧きそう! 100円ショップで手軽に買えるツール、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【お問い合わせ先】
Can★Do
http://www.cando-web.co.jp

*掲載情報は取材時のものです。店舗ごとに取り扱う商品が異なりますのでご了承ください。

撮影/山下忠之 調理/土肥愛子 取材・文/西村絵津子

 

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart夏号発売】
    2022日年6月28日発売
    定価900円(税込)
    マガジン
    【Mart夏号発売】
    2022日年6月28日発売
    定価900円(税込)