• TOP
  • 雑貨
  • キッチン
  • 時短料理にぴったり「切り置き野菜」にはSeriaの保存容器が使える!

Goods 雑貨 / Kitchen キッチン

時短料理にぴったり「切り置き野菜」にはSeriaの保存容器が使える!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

数年前にブームとなった「つくり置き」。当時は多くの主婦が週末にお総菜を何品もつくっていました。でも当時ブームに乗っていた主婦の最近の傾向は、「切り置き」なんだそう。「つくり置きをつくる時間がない」とか、「子どもが食べ盛りで置く前に食べられちゃう」など理由はさまざまですが、どうやら今は、すぐに調理に取りかかれるように、食材の下処理や切り置きをしておくのがブームのようです。そんな、時代とともに変化している主婦の暮らしに寄り添った100円グッズをご紹介します。

切り置き野菜の保存には、Seriaの「クラリティパック」シリーズがおすすめ

クラリティパック180 2Pグリーン、クラリティパック400グリーン、クラリティパック800グリーン、クラリティパック1000グリーン 各¥100(Seria)

容量が180㎖、400㎖、800㎖、1000㎖と4種類あるこちらの容器、クリアなので中身も見えて、モジュール設計によりスタッキングも可能。切り置き野菜をすっきりと保存できます。

収納力をチェック

(左)1000㎖には、キャベツ2枚、ピーマン1個、にんじんと玉ねぎが1/4個ずつ入りました。2人分の野菜炒めがつくれる量です。(右)800㎖には玉ねぎ1個分のみじん切りが。時間のあるときに一気にみじん切りをしておけば、忙しいときにすぐに使えて助かります。


(左)400㎖は、乱切りにしたにんじん1本分がぴったり。(右)180㎖には、ベーコンやウインナーを切り置きしておくと、朝食やお弁当づくりがスムーズに。

Mart9月号では保存容器以外にも、忙しい主婦のために使える100円グッズを紹介しています。家事を少し楽にしてくれる便利な100円グッズをぜひご覧ください!

撮影/小林愛香

【こちらの記事もおすすめ】
ダイソー「イニシャル巾着」が ギフト用ラッピングにぴったり!
https://mart-magazine.com/local/27764

困ったときに役に立つ!便利で疲れない「冷凍つくり置き」とは?
https://mart-magazine.com/gourmet/27786

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2019年12月号好評発売中!  特集 暮らしが変わる!主婦の「大定番」「新定番」ベストアワード60
    2019年10月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2019年12月号好評発売中!  特集 暮らしが変わる!主婦の「大定番」「新定番」ベストアワード60
    2019年10月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)