Goods 雑貨 / Kitchen キッチン

ネットで話題の「アイラップ」使ってみました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

仕事柄、調理グッズ情報が集まってくるのですが、先日ライターから勧められたのがこちら。
マチ付きポリ袋「アイラップ」(オープン価格、実勢売価150円前後)

ネットによると、北陸エリアの主婦から絶大な支持を得ているポリ袋だとか。ポリ袋ながら耐熱温度が120℃ということで、流行りのポリ袋調理に使えるそう。ライターも「鶏ハムづくりに便利」と言っていたので、さっそく試してみました!

まずは肉じゃが
 
ポリ袋調理の知識ゼロなのですが、湯せんにかけてできそうなもの=煮物にチャレンジ。材料と調味料をすべてアイラップに入れて、沸騰したお湯にちゃぽんと投入。鍋の底には耐熱皿を置きます。

麻婆豆腐も入れてみた
 
まだ鍋に入りそうだったので、麻婆豆腐も一緒にちゃぽん。肉が入っているタイプのレトルトだったので、豆腐とねぎが温まればいいやつです。
鍋に入っている2袋、なんともいえない見た目……ちょっと不安。

袋は破けず、煮崩れず
 
10分温めたら麻婆豆腐は完成、袋への出し入れしかしていないから豆腐は全然煮崩れません!これ、フライパンでつくってたら、コンロにはねて汚れるし、ギトギトのフライパンも洗わないといけないけど、その手間とストレスをアイラップが引き受けてくれました。
肉じゃがは30分ほど湯せんにかけて、さらにしばらく放置。思った以上に味がしみています。もちろん煮崩れなし! アイラップは電子レンジも対応可なので、食べる分だけ器に出したら、このまま冷蔵庫に入れて翌日チンしてもいいんですね(チンするときは袋の口を開けること)。

空気も抜きやすかった!
 
耐冷温度が-30℃のアイラップ、食材の冷凍保存にも使えます。おいしく冷凍保存するには、できるだけ空気を抜くこと。手で押さえたり、ストローで空気を吸ったりと方法はありますが、アイラップは薄手でしなやかなので、水につけると食材にくっついて空気が抜きやすいんです。ブルーベリーも写真のようにキューっとしてくれました。これ、うれしいです。

これまでポリ袋はスーパーでもらえるものか、ちょっとお高いジップ付きを使っていましたが、スーパーよりも丈夫、熱いのも寒いのもOK、そしてリーズナブルなアイラップ。人気の理由にうなずけました。北陸限定商品ではなく、全国で販売しているようなので、見かけたらお試しを。

【商品のお問い合わせ先】
岩谷マテリアル お客様相談室 TEL03-3555-3214(平日9時~17時・土日祝休)
https://www.imcjpn.co.jp/

【この記事もおすすめ!】
下味冷凍で毎日のごはんづくりをもっとラクに!
https://mart-magazine.com/gourmet/19007

働くママの強い味方! 包丁&まな板いらずの「大同電鍋」活用アイデア
https://mart-magazine.com/zakka/18838

 

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2019年10月号
    2019年8月28日発売
    通常版:価格840円(税込)
    バッグinサイズ版:特別定価660円(税込)
    ※バッグinサイズ版には特別付録が付きません。
    ※デジタル版には特別付録が付きません。

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2019年10月号
    2019年8月28日発売
    通常版:価格840円(税込)
    バッグinサイズ版:特別定価660円(税込)
    ※バッグinサイズ版には特別付録が付きません。
    ※デジタル版には特別付録が付きません。