Goods 雑貨 / Handmade・DIY ハンドメイド・DIY

パーツもカラーもオリジナル 10代から60代までファンがいる樹脂製のアクセサリー M-cherieさん

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

今回紹介するハンドメイド作家は、スマイルなどポップなモチーフのアクセサリーで幅広い世代に支持されているM-cherieさん(神奈川県在住)。60歳代のファンもいる人気の作家なんです。

会社員時代はハンドメイドが仕事 子育ての息抜きにアクセサリーづくりを再開

 

湘南エリアで、パーツの型から手づくりしてオリジナルカラーの樹脂アクセサリーや雑貨をつくっているM-cherieさん。パイナップルやアイスクリーム、シェルやドロップスマイルなど、カラフルで大ぶりなデザインの作品は、神奈川県内だけでなく都内に常設店舗もある人気ぶり。
2人の女の子のママでもあるM-cherieさんがアクセサリーをつくり始めたのは、子育ての息抜きがきっかけでした。
「元々ものづくりを仕事にしていて、子どもを妊娠するまでは、スワロフスキー・クリスタルの装飾会社で働いていました。インテリアや車、携帯やシャンパンボトルまで、いろんなものにクリスタルをハンドメイドで装飾する仕事です。会社を辞めてから妊娠・出産したのですが、子育ての大変さは予想以上で息が詰まってしまい、長女が9カ月の頃、息抜きのために夜な夜なアクセサリーづくりを始めたんです。子育てとのダブルで睡眠不足にはなるものの、唯一集中して自分の時間が持てるのが楽しくて仕方なく、毎日つくっていました。つくったアクセサリーを身につけていると『かわいい♪』と言ってもらえるのがうれしく、さらにアクセサリーづくりにのめり込んでいきました」

選んだ素材は樹脂 サーフボードにも使われる丈夫なエポキシレジン

M-cherieさんがアクセサリーの素材に選んだのは樹脂。初心者でも扱いやすいUVレジンと違い、本格的な加工が必要なエポキシレジンです。
「エポキシレジンはサーフボードの素材としても使われる丈夫な樹脂なんです。UVレジンよりも硬くて傷つきにくく、発色が良く劣化しにくいのが特徴です。最初は既成のパーツでアクセサリーづくりを始めたのですが、好きなデザインなのに色が違う!など、理想の色とデザインが一致しないことも多くてもどかしく、パーツから手づくりできる今の素材にたどり着きました。いま使っている型はほぼオリジナルで、好きな型をつくって樹脂を流し込み、固めては研磨する、というのを繰り返しています。子どもの頃からプラモデルづくりも好きだったので、細かい作業がやっぱり自分には合っているのだと思います。パーツを一からつくれるところが本当に楽しいし、型からはずすときは毎回ワクワクしちゃいます」

作品づくりは子どもが寝ている間だけ 作業時間が自分時間

現在お子さんは7歳と2歳になり、作品づくりのペースを調節しながら家事や育児と両立しているM-cherieさん。作業をするのは子どもが寝ている間と決めています。
「樹脂を扱うには薬品を使いますし、研磨作業は粉じんが出るので、できれば子どもたちが起きている間はやりたくない、というかできない!というのが現実でしょうか。子どもが寝てからのほうが集中して型や色づくり、デザインのことを考えられますし、アクセや雑貨をつくっている間は自分時間、というのはつくり始めた頃から変わっていません。SNSのための作品撮りは、日中に次女のお昼寝のすきを狙って明るいうちに撮ります。最近は起きていても、おもちゃの携帯を作品にかざして一緒に写真を撮っている素振りを見せるのがかわいいです(笑)」

ファン層幅広く「M-cherieのピアスをつけたくてピアスホールを開けました!」という高校生も

オリジナルデザイン&カラーのアクセサリーや雑貨は10代~60代まで幅広い年齢層に人気。カラフルなものもあれば、落ち着いたブラックシリーズ、マリーアントワネットをイメージしたボタニカルシリーズなど、一つのイメージにとらわれずに作品づくりを続けています。
「イベントに出店した際、高校生の女の子が『M-cherieさんのピアスをつけたくて、思い切ってピアスホールを開けました!』と言って来てくれたときは、泣くほどうれしかったです。また、10年以上イヤリングなんてつけてなかったんだけど…と言いつつ気に入ったイヤリングを買ってくださった60代の方から『イヤリングをつけてみたら、お化粧したり洋服を選んだりするのが楽しくなって、ショーウィンドウに移る自分の姿を見るようになりました』とメールをくださったときも感激しました」

自分が思う「かわいい」や「好き」に忠実に これからも作品づくりを続けたい

これから夏に向け、精力的に制作に取り組むというM-cherieさんに、今後について聞いてみました。
「やっぱりハンドメイドは、好きなものをつくっていると楽しい、ということに尽きるんですよね。だからこれからも、自分が思う『かわいい!』や『好き!』という気持ちに忠実にものづくりを楽しんでいきたいです。次女が生まれてから自粛していたイベント出店も、少しずつ増やしていく予定です」

【作品information】
<web shop>
http://Mcherie.thebase.in

<常設店舗>
クチリーナ (世田谷区・二子玉川)
https://instagram.com/ayaco_cucirina?utm_source=ig_profile_share&igshid=1p52b0yekgwz2

リトルペイジ(神奈川県茅ヶ崎市)
https://instagram.com/littlepage2008?utm_source=ig_profile_share&igshid=12hkop88rdt3s

ドネット(神奈川県茅ヶ崎市)
https://instagram.com/donnet_mari?utm_source=ig_profile_share&igshid=1frtgvpgilr1h

<Instagram>
@m.cherie.m  http://instagram.com/m.cherie.m/

【この記事もおすすめ!】
イベントでは完売続出  1点もの刺繍ブレードを使ったLilyさんの巾着バッグ
https://mart-magazine.com/handmade/20946

美しい編み目と“サラサラ”フリンジのマクラメ雑貨 Ayakoさん
https://mart-magazine.com/handmade/21499

取材・文/富田夏子

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2019年11月号 好評発売中! 特集 超忙しくても きれいが続く「ノーリバウンド収納」
    2019年9月28日発売
    通常版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    バッグinサイズ版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2019年11月号 好評発売中! 特集 超忙しくても きれいが続く「ノーリバウンド収納」
    2019年9月28日発売
    通常版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)

    バッグinサイズ版:
    9月30日まで 特別定価660円(税込)
    10月1日以降 特別定価672円(税込)