• TOP
  • 雑貨
  • 掃除・洗濯
  • 環境にも配慮された新しいコロコロ「COLOCOLO5656」実感レポ【Writer’s Pick】

環境にも配慮された新しいコロコロ「COLOCOLO5656」実感レポ【Writer’s Pick】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

去年、保護犬のスピッツを迎えてから、毎日の掃除に欠かせないツールのひとつになった「コロコロ」。なんとそのデビューは1983年なのだとか。長い間、私たちの傍らにあり続けた掃除道具に、フラッグシップモデル「COLOCOLO5656(コロコロ・ゴーロクゴーロク)」が9月22日にリリースされました。

サイズ:全長259㎜※ケース込み、付属ロール:幅160㎜×16.5m ※約90シート 1本(スパイクドット粘着)「COLOCOLO5656 超強力用」本体 S ¥3,500(ニトムズ)

サイズ:全長930㎜※ケース込み、付属ロール:幅160㎜×12m 約65シート 1本(W粘着)「COLOCOLO5656 どっちも用」本体 L ¥4,800(ニトムズ)

日々のちょこちょこ掃除が楽しくなるおしゃれなデザインのコロコロ

出しっぱなしにしておいても生活感の出ないデザインが魅力。耐久性にもこだわり、従来の1.5倍の強度にして、ぐらつきをなくしているそう。

COLOCOLO5656の本体Sに超強力用のロールを取り付けています。独自の粘着力でカーペットの奥のゴミもかきだしてくれます。実際に操作すると、すごい強さでほこりや犬の毛をゲットしてくれました。

ロングタイプの本体Lにどっちも用のロールを取り付けたところ。シャフト部分が1本の柄になっており、接ぎがないので操作している際に安定するところがうれしい。デザイン的にも接ぎがないほうがおしゃれですよね。

ケースで自立するので家具の隙間にしまっておけ、使うときにいつでも取り出して使うことができます。

本体は再生材を配合し、リフィルには再生紙を採用。パッケージ、緩衝材などにプラスチック材料を不使用にするなど、環境に配慮されています。

面倒なロール交換の手間が省ける大容量タイプで、毎日楽しくお掃除を

Photo:Fumito Katamura

ロール部分のリフィルは従来品よりも1本あたりの長さが増量されており、3本分のリフィルの長さを2本分に収めています。これは巻芯の廃棄削減の効果も!
左の「どっちも用」は強粘着と弱粘着を組み合わせたニトムズだけの「W粘着」。フローリングに貼りつかないのに、ゴミはしっかりキャッチ。右の「超強力用」は、カーペットのお掃除の救世主! 「スパイクドット粘着」で粘着剤の表面を凹凸させることで接着する表面積が増加しました。

デザインのよさもさることながら、ロールが太く巻かれており、いつも使っている「コロコロ」の3本分が2本になっていることに感動。レフィル交換って地味に面倒な作業ですから、それを理解してデザインに反映してくれているのはいいなと思いました。

【お問い合わせ先】ニトムズ 0570-05-2106 https://www.nitoms.com/

撮影・取材・文/湊谷明子

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)
    マガジン
    【Mart秋号発売】
    2022日年9月28日発売
    定価1280円(税込)