• TOP
  • 雑貨
  • 家電
  • バルミューダの新作は蒸気でご飯を炊き上げる炊飯器「BALMUDA THE Gohan」

Goods 雑貨 / Appliance 家電

バルミューダの新作は蒸気でご飯を炊き上げる炊飯器「BALMUDA THE Gohan」

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

IMG_0199

おしゃれなデザインと機能性で話題の家電を次々送り出しているバルミューダが、大ヒットしたトースター、2016年末発売の電気ポットに続く調理家電を発表。

1月12日より予約受付を開始した新作は、炊飯器!「なんかフツー」と思った方もいるかもしれません。ですが、やはりそこはバルミューダ。目の付け所が違います。他の家電メーカーが土鍋、羽釜と炊飯器の釜部分にこだわるのに対して、バルミューダが注目したのはご飯を炊くときの「水蒸気」です。内釜、外釜の二重構造にし、その間を水蒸気が循環することで土鍋で炊いたときと同じような加熱を実現。外は張りがありつつ、中はふっくらのおいしいご飯が炊けるのです。

と、ここまで機能を説明してきましたが、要はどんだけおいしいの?が大事ですよね。

編集オガワがしっかりお試ししてきました!

web1 2017-01-12 11.48.52

まずは、ノーマルの状態でパクッ…たしかにお米の粒感がはっきり感じられつつも、噛むとふっくら、もっちり。土鍋やル・クルーゼ鍋で丁寧に炊いたような味です。
次に、たまごかけご飯。きちんと炊けていないごはんに卵をかけると、粒がベチャベチャに感じられて、それが個人的にはすごく苦手だったりします。では…お!しっかり炊けているので粒感とふっくら&もっちりをしっかりキープ。卵が一粒一粒を包み込むようなやさしいおいしさです。

web2 2017-01-12 11.55.11

炊きあがって2時間経っているというおにぎりは、もちもちのままでした。

web3 2017-01-12 12.00.52

あとは忘れてはいけないのがお手入れ。必要なのは外釜、内釜、上蓋と3パーツのみ(※すべて食洗機不可です)。ごはんの味が落ちてしまう理由で保温機能がないこと、現段階の技術でおいしく炊ける限界のという3合サイズしかないことは意見が分かれるかもしれませんが、オガワ的にはアリ。さっそくオンラインストアでポチッとします。 

IMG_0114

 

BALMUDA The Gohan

2017年1月12日よりバルミューダオンラインストアにて予約受付開始(2月下旬出荷予定)。主要家電量販店、百貨店でも順次予約開始。カラーはブラック、ホワイトの2色。

¥41,500

 

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2019年12月号好評発売中!  特集 暮らしが変わる!主婦の「大定番」「新定番」ベストアワード60
    2019年10月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2019年12月号好評発売中!  特集 暮らしが変わる!主婦の「大定番」「新定番」ベストアワード60
    2019年10月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)