【業務スーパー】お弁当におやつに冷凍「中華ポテト」は素朴な美味しさ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

業務スーパーヘビーユーザーの私ですが、行くと必ずチェックするのが冷凍コーナー。他のスーパーでは見かけない商品が多いですし、大容量で激安、そして何より便利な食材ばかりなのが業務スーパーの魅力ですよね。今回はお弁当にも使える商品を発見したので、みなさんにご紹介しますね。

リピート間違いなし!業務スーパーの「中華ポテト」とは?

「中華ポテト」 1㎏ ¥950(税込)

大学芋は食べたことがありますが、中華ポテトという存在を今回初めて知りました。調べてみると中華ポテトは関西でポピュラーなんだとか。また、大学芋と作り方も違うようで、中華ポテトは揚げたさつまいもをアメでコーディングしており、冷やして食べるのが一般的とのこと。

今回購入したものは約60個入っていました。一個あたりのサイズはよくある大学芋くらいの大きさで子どもでも食べやすいサイズです。冷凍商品なので自然解凍または電子レンジで解凍します。自然解凍の場合は約40分、電子レンジ(500W)で解凍する場合、5個当たり約1分加熱。

解凍方法で食感が変わる楽しさ♪

見てください!このさつまいものツヤツヤ感!見た目からして美味しそうで食べる前からワクワクが止まりません。

いざ、実食!さつまいもをアメでコーティングしているので、外はパリッ、中はさつまいもの優しい甘さとホクホク食感がとっても美味しいです。電子レンジで解凍するとアメがとけて大学芋のような口当たりになり、解凍方法でまた違った食感が楽しめますよ。


私のおすすめはずばり、半解凍!パリパリ食感をより強く感じられ、口に入れた瞬間ひやっとするので暑い夏でもどんどん食べられちゃいます。正直、業務スーパーでこの商品を見つけたときは1㎏も食べられないかも…と思っていたのですが、ぺろりと食べられました(笑)。

このままでももちろん美味しいのですが、ちょい足しアレンジで黒ゴマやシナモンをかけたり、アイスクリームを添えるのもおすすめ。

冷凍のままお弁当に詰めればちょっとした保冷剤代わりにもなりますよ。

今回はお弁当にも使える「中華ポテト」をご紹介しました。普段家ではなかなか作れない中華ポテトも解凍するだけで簡単に食べられるのは本当にありがたいですよね。みなさんも業務スーパーに行った際は、ぜひチェックしてみて下さいね。


※商品は取材時の販売価格です。
※店舗や時期によって在庫状況は異なります。また価格変更や販売終了などになることかがありますのでご了承ください。

【商品に関するお問い合わせ】
業務スーパー お客様相談室 0120-808-348
https://www.gyomusuper.jp/

撮影・文/黒川夢未

- 関連記事 -

    マガジン
    【Mart夏号発売】
    2022日年6月28日発売
    定価900円(税込)
    マガジン
    【Mart夏号発売】
    2022日年6月28日発売
    定価900円(税込)