Beauty・Health ビューティ・ヘルス / Healthcare ヘルスケア

【2月号予告】ざわつく心をやさしくととのえる「自然ぐすり」とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

わけもなくイライラしたり、ちょっとしたことで落ち込んだり……。出産、育児、家庭、仕事と環境が変わりやすい女性には、心の不調が起きてしまいがち。そんなゆらぎやすい心と体の変化に、やさしく寄り添いととのえてくれるのが、植物の力を利用した「自然ぐすり」。今回は、フィトテラピーにもとづいた「自然ぐすり」とはどんなものか、ご紹介します!

Qフィトテラピー(植物療法)ってどんなもの?
A植物の力でさまざまな不調に対処する伝統療法です

病院に行くほどでもない心と体の不調を、植物の薬理効果で対処・予防する治療で、ヨーロッパでは医療として扱われています。日本でも「風邪のときはしょうが湯を飲む」など、おばあちゃんの知恵のような形で親しまれています。

Qいいところはどんなところ?
A副作用が少なく、自然治癒力を高めます

一般的な〝薬〞は即効性などのメリットがある反面、副作用があることも。植物療法は飲んですぐに効くものは多くありませんが、薬理成分をしっかり摂取しながらも副作用が限りなく少なく、自然治癒力を高めてくれます。

Qどうやって合うものを見つけたらいい?
A心地よいと思う香りを直感で選んでみて

ハーブティーやタンチュメール、サプリメントなどは目的に合った効果があるものを選べば大丈夫。香りは直接感情に作用するので、細かいことを考えず、自分の好きな香りや、そのときに心地よいと感じた香りを選んで。

Q普段の生活にどう取り入れたらいい?
A「塗る」「飲む」「香る」「食べる」が基本です

【塗る】
オイルやクリーム、バームなどを皮膚に塗ることで、植物の有効成分
が毛細血管まで届きます。血流にのった有効成分は全身をめぐり、効果を発揮します。

【飲む】
飲むことで、消化器官から有効成分を吸収。温かく消化吸収しやすいハーブティーや、安定して一定量が摂れるタンチュメール(ハーブ濃縮液)がおすすめ。

【香る】
香りを嗅ぐと、1.5秒で脳に信号が送られ、本能に直接働きかけてくれます。フレグランスアイテムやディフューザーなどで、好きな香りを取り入れて。

【食べる】
薬理効果のあるハーブや野菜、フルーツ、ナッツなどを食事でとることも植物療法。薬理成分がギュッと詰まったサプリメントやパウダーも手軽で便利。

Q注意点はある?
A治療中の人は必ず医師に相談を

持病がある人、薬を服用している人、妊娠中の人は医師に相談してください。また、精油は直接肌に塗布するととても刺激が強いので、オイルで希釈する、ディフューザーを使うなど、正しい使い方を知ったうえで使用して。

Mart2月号では「自然ぐすり」を使ったメンタルケアをご紹介。「イライラ」「落ち込み」「無気力」といったお悩みに対応する、アロマやハーブなどをご紹介。すべてのアイテムで、Mart読者のお試しレポートも。ぜひチェックしてみてくださいね!

【こちらの記事もおすすめ!】
ご褒美TIMES〜BEAUTY編~自律神経を整えよう

撮影/山下忠之 取材・文/森本奈穂子 撮影協力/野菜倶楽部 oto no ha Café ☎03-3942-1077、石阪理恵さん

Mart2021年2月号
イライラ・無気力・落ち込みがち…… ざわつく心は「自然ぐすり」でやさしくととのう より

- 関連記事 -

    マガジン
    Mart2021年2月号発売中!まとめ買い時代の最新テク「コストコ」で絶対トクする!
    2020年12月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)

    「Mart会員」になりませんか?

    Martを一緒に盛り上げてくれる会員を募集しています。誌面への登場やイベント参加などの特典もご用意! 毎日の「楽しい♪」をMartで探してみませんか?

    • Martフォーラムへの投稿
    • プレゼント応募イベント参加
    • メルマガ配信
    マガジン
    Mart2021年2月号発売中!まとめ買い時代の最新テク「コストコ」で絶対トクする!
    2020年12月28日発売
    通常版・バッグinサイズ版ともに
    定価660円(税込)