平日は“時短”の忙しママだからこそ!「贅沢ソーセージ」でゆったり休日ブランチ

家事に育児に毎日忙しく過ごしているみなさん、週末くらいは少しリラックスして、とっておきの時間を過ごしてみませんか?本場ヨーロッパを感じさせる味と香りが楽しめる「アンティエ」が、そんな幸せ時間を演出してくれます。

料理している時間だって楽しみたい。スパニッシュオムレツは彩りよく、具だくさんのミネストローネで野菜もしっかり。パンケーキも焼いて、カフェみたいな朝食を目指します。私がアンティエをじっくり焼いている間に、普段は忙しい夫がキッチンでコーヒーをドリップで淹れてくれます。

週末のご褒美ブランチにぴったりのアンティエ

まだ2歳の娘がいるので、毎日朝は大忙し。オムツを替えて遊び相手をして、それから洗濯、朝食の準備にとりかかります。朝食も娘をみながらつくるので、簡単なものしか用意できないし、ゆっくり味わうことすらできません。だから、夫がいる週末ぐらいは大人二人で娘のお世話と家事を分担して、少しでものんびり過ごすようにしています。そんな週末のご褒美は、まず朝食をゆっくり楽しむことから始まります。少し遅めに起きて、つくっている時間も楽しみつつ、夫と何気ない話をしながらブランチするのが大切な時間ですね。そして、そんなひとときに欠かせないのがアンティエ。まず見た目が生ソーセージのような、燻製していない白い色でリッチな印象。料理中から幸せ気分にしてくれます。食べるとお肉の旨みが口の中に広がり、同時にハーブやレモンのさわやかで上品な香りが楽しめます。アンティエがあるだけで、いつもの朝食が、とっておきのブランチになるんです。

カフェ風プレートのご褒美ブランチが完成! いつもより少しずつ時間をかけたメニューで、“贅沢”を演出します。1週間頑張った自分へのご褒美だから、盛りつける食器にもこだわりたいですよね。

平日はどうしても時間優先

平日の朝は娘にかかりっきりで時間がなくて、なかなか手の込んだ朝食がつくれません。手軽にできるトーストや目玉焼き、ソーセージなど、ついいつも同じようなメニューになってしまいます。

せっかくのご褒美ブランチだから、会話を楽しみながらゆっくりいただきます。じっくり焼いたアンティエは、お肉本来のおいしさがストレートに楽しめると、お肉好きの夫にも大好評です。

気分に合わせて選べるラインナップ

本場ヨーロッパの生ソーセージのおいしさを日本でも味わってほしいという想いから生まれた、無塩せきソーセージ。ハーブ&スパイスを引き立たせたノンスモークな仕上がりは、お肉本来の旨みが楽しめます。じっくり焼いて食べるのはもちろん、冷めてもおいしいのが特徴です。定番のレモン&パセリ、ブラックペッパー、10種のハーブに加え、新しくオレンジ&バジルが仲間入り。各8本入り

撮影/山下忠之 取材/森本奈穂子

商品に関するお問合わせ先/(株)日本ハム お客様サービス室 0120-175-955 受付時間9:00〜18:00(日曜・祝日を除く)

アンティエブランドサイトがリニューアルオープン!ソーセージ発祥の地、本場ヨーロッパの生ソーセージを目指した無塩せきタイプのソーセージ、アンティエ。日常に大人の至福の時間を提供してくれます。おいしさの秘密や楽しみ方を紹介していますので、ぜひご覧ください。