Step2 基本のパーツを覚えましょう

カンとつぶし玉・ボールチップが使えればまずはOK!

カン(丸カン・Cカンなど)

チャームをつけたり、パーツをつないだりと、アクセサリーづくりに多く登場するカン。
形によって丸カン、Cカンなどと呼ばれます。

最近ではデザインが施されたカンも多く、アクセサリーの出来上がりがぐっとおしゃれになるので人気です。

 

ここに注意して!

■カンの太さ

太すぎます

OK!

注意したいのはチャームや留め具などの、通したい穴にとおるカンを選ぶこと。

カンは直径だけでなく太さも様々なので、使いたいチャームがある時はお店に持参し、確認しながら選びましょう。

 

■ひらき方

丸カン、Cカンを開くときのコツは、左右に広げず、前後にずらすことです。

輪を左右に押し広げてしまうときれいに閉じないうえ、金属疲労をおこし割れやすくなってしまいます。

 
 

つぶし玉・ボールチップ

ビーズやワイヤーなどを通した端を隠して始末し、留め具をつけるために使います。

これらはセットで使用することが多く、ネックレスやブレスレットの留め具をつなぐパーツとしても欠かせません。
最近ではそれらがセット販売されていることも多いです。

 

使い方

  • テグスにボールチップ、つぶし玉の順で通したら、もう一度つぶし玉の穴に通し、軽く引っ張って際に固定します。
    平やっとこの先端でつぶし玉をつぶします。
  • 1のつぶし玉を平やっとこを使い、ボールチップで包むように閉じます。
  • 余分なテグスはニッパーでカットします。
    根元ぎりぎりのところなら仕上がりもきれいです。
 

他にこんなパーツもあります

ヒキワ
アクセサリーの着脱がしやすいようにつける金具のことです。
 
板ダルマ
ヒキワとセットで使う留め具のことです。